2021年9月22日水曜日

団塊世代は中秋の満月日に高尾山へ登って月の出撮影を狙った!The baby-boomer generation climbed Mt. Takao on the full moon day of Mid-Autumn and aimed to shoot the moonrise!

  2日前に13番目の月を撮り、月面を偶然羽田から離陸した航空機が横切った画像が撮れたテンションが残っていたのか、「団塊世代のやる気」の燃えカスが突然「高尾山へ登ろう!」に繋がってしまった。

 その昨日の後遺症がもう昨夜寝床で発生した。何と!生れて初めて右足のすねの前側の筋肉が攣ってしまった。いわゆるこむら返りのフクラハギではなく、足の脛の前側の薄い筋肉が猛烈な痛みで攣った。もう寝入ってどのくらいだか判らないが、こむら返りの時の逆をしなければ痛みが取れないのは判っているが、爆睡中の出来事でベッドの中で団塊爺はパニクってしまった(汗)。

 更に、今朝6時いつもの愛犬散歩に出たら「巨人の星」のあの大リーグ養成ギブスさながらの筋肉痛が始まっていやーな予感がする。昨日の黄昏時の登りはもちろんだろうが、暗くなってケーブルも終わって急な下り坂を早足で降りたのが影響したのだろうか?山は昇りの方が楽なものだと、久しぶりに思わせてくれた。

登山道入り口で一緒になった同好の志(多分息子より若い)に撮ってもらった。

 色々副作用が出た高尾山昇り降りだったが、それなりに収穫はあった。雲が多くて一時は月の出の前に下りかけたが、どうせ標高差400m登ってしまったのだから雰囲気だけでも撮ろうと思い構えたら、雲の隙間から一瞬赤い月が見えた。東京都心の超高層ビルを背景にはやはり真冬の空気が冷たく澄んでいる時にしか難しいが、何とか平地の都市の明かりの向こうに昇る中秋の満月を証拠写真的に撮れた。団塊爺が撮ると残念ながら名月にはならなかった。(涙)

しばらくは厚い雲(実はまばらなのだが、横から見ると重なる)の間を・・・。

雲層の上に出たのはずいぶん経って、しかも一瞬!

 その代わり、登る途中で初めてのアオゲラ3羽を同時に撮影出来た様だ。最初はヒヨドリか何かと思ったが?ヒヨドリに付き物の鳴き声が全然しなかったので、戻ってPCで再生して見てみようと思った。もう相当暗い東側の登山道だったし、ISOは8000でも相当暗い画像を何とかみられるように画像処理した。大荒れの画像だが野鳥の特徴は何とかアオゲラという事を表していた。この方が昨日の成果としてははるかに大きい。
まるでクイズのようだが、真ん中上、右下、左下中央寄りにそれぞれ一羽づつ居る。

繁殖期でもないのだが、遠すぎてこの三羽の関係は不明。

どう見てもアオゲラ。

尾羽の特徴と顔つきでアオゲラと判断!三羽いた。ファミリーだろうか?

 さらに、さすが高尾山!月の方向を見渡すケーブルカー山頂駅附近の見晴らし台でヒガラとヤマガラを同時に撮影出来ていた!これも初めての事。

左ヒガラ、右ヤマガラ

 月も良いが、やはり高尾山は野鳥天国かもしれない。また10月過ぎたら満月の日を狙ってチャレンジしてみたい。

 嗚呼、筋肉痛が・・・。

2021年9月21日火曜日

ヤマセミの生態、思い出し投稿 その1.  Crested Kingfisher's Ecology, Recollection Post Part 1.

  このところ地震が多い。能登半島、飛騨高山附近、で群発地震が続いている。いわゆる糸魚川静岡線の西側。同時に東北南部太平洋側、関東、中央構造線の西の端熊本でも相変わらず地震が多発している。3.11東日本大地震から10年経ったが、地質学的に10年というのは一瞬に近いそうだ。昨日のようなものだ。近頃頻繁に起きる地震には注視し、備えておいた方が良い様な気がする。

 一方で、白熱する自民党の総裁選報道に気を奪われてしまい、ヤマセミ・ブログが少し疎かになってしまった。

 3連休が終わって今日のヤマセミ(見返し投稿)は、求愛給餌と脱糞を同時に行うヤマセミの生態。求愛給餌を行うと直ぐ交尾だと思われがちだが、実際はそうでもない。交尾は1日に何度も行うし、抱卵中にも行うので実はそう珍しい事ではない。繁殖期にしっかり観察していれば交尾シーンは割に撮影しやすいと思って良い。むしろ求愛給餌の方が頻度が少ない。

 交尾の度に求愛給餌をしていてはヤマセミのメスがデブになってしまう。

オスが餌を持って来てメスを呼び、メスが答えて飛んできた!

オスはすぐには餌を与えない、じらす。

 腰を低くしてメスが餌を受け取る、常に受け取る時はオスより低い位置で・・。人間の世界も是非こうあって欲しい。

餌を渡したオスは安心したのかピッ!と脱糞。

メスが食べ終わると、オスはまた採餌に向かう。繁殖期のオスは忙しい。

2021年9月20日月曜日

団塊世代はコンデジで台風明けの月の出と夕焼けを撮ってみた。The baby boomer challenged to took a photos of the moonrise and sunset after the typhoon with a compact digital camera.

  台風14号崩れの低気圧が去って、昨日の東京都心は秋めきながらも快晴で29℃まで気温が上がり、いったんホットコーヒーに替えた人々も再びアイスコーヒーやアイススムージーに戻す1日だった。

 いつものように恵比寿のスタジオ兼オフィス経由で、日没後北関東の研究所へ移動する週末ルーティンワークの途中、13番目の月と日没を撮影するチャンスがあった。月の出17:10、日の入り17:44、という事で、晴れていることを条件に双方を狙える年に数回しかないタイミング。確率は非常に低い。

 台風前だと西の空台風のある方向の夕焼けがもの凄い色になるのだが、去ったのちはそうはならないようだ。空気も澄んでいて雲もあまり出ていないので、全面ピンク色になった空が都会を照らす景色となった。

 一方の月の出は13番目の月と言う事で完全な満月ではないが、2日後の満月に晴天である保証はないので、とりあえず押さえで撮影しておく感じだった。

 更に何と!思いがけず羽田から飛び立った航空機が上がったばかりの月面を横切ってくれて、奇跡的なカットまで撮れたのには嬉しかった。昨日は一眼デジタルは持っていなかったので、使ったカメラはCanonのコンデジ。日常、毎日100カットは撮影する常用カメラだ。

 キャノンのコンデジは耐久性があまり高くない上、Canonサービスセンターの消費者・故障対応が非常に悪い(酷いと言って良い)ので、早く他メーカーに替えようと思いつつそのままになっていたPowerShotシリーズだが、だましだまし撮影している。

恵比寿の高台から品川方面に上がる13番目の月。

東の空が曇っていたりガスっているとなかなか撮れない。

低気圧通過後の空気が澄んだ状態でも大都会で月の出を撮るとこうなってしまう。

全くの偶然、運が良かっただけ。航空機撮影のプロ諸君たちの様に航空無線や発着スケジュールを確認して事前の認知は不可能。

羽田から上昇してくる航空機の航路を直感的に予測・判断して構えていたら・・。自分も数か月前ガラケーからスマホにしたが、スマホのカメラ機能が如何に優れても、こういった撮影は出来ないだろうと思う。とっさのシャッターチャンスを逃さない意味では、ポケットにコンデジを忍ばせておくに限る。

久しぶりに富士山!手前の雲が赤くなるって事は相当距離が在るって事?

空気が澄んだ日でないとこういう空にはならない。

いつもヤマセミ中心に野鳥生態を撮影しているのに比べるとずいぶん楽な撮影。しかしインスタ映えとかいう言葉まで生み出したスマホではこうはいかないだろう。
 

2021年9月19日日曜日

素人なりに自民党総裁選挙の報道を観てみた。 The baby-boomer generation watched the news shows of the LDP presidential election.

  昨日は日本記者クラブでの4候補の討論会があった。最近はネットでリアルタイム放送が有るのでじっくりPCで観てみた。

 先日の出馬記者会見での各候補も観た。これらを注視しての団塊世代が思う今回の自民党総裁選に関して述べてみたい。

 先にお断りしておくが、筆者は自民党党員でもないし、誰か個人的に知っているとかは全く無い。かっての首相・小泉純一郎氏が親類の同級生で筆者もお逢いして握手したことがあるという程度。したがって一般的にTVで観る政治家さん達に関して個人的な家庭環境だの彼ら個人的な好みや趣味は知らない。

 昨日の日本記者クラブでもそうだし、一昨日の出馬記者会見でもそうだったが、今回の4名の個性というか、コミュニケーション能力含めて少しづつ各人の差異が見えて来た。

 まず、一昨日の出馬会見で己の言いたい事を資料も原稿もなくスラスラと述べていたのは高市早苗氏と河野太郎氏で、残りの岸田氏野田氏は資料を読むような場面、噛むような場面があったのは少々気になった。事前のイメージトレーニングの完成度の差が出たかもしれない。

総裁選立候補者4名の最初の出馬記者会見。

 更に昨日の日本記者クラブでのやり取りを聞いた後、席を立つ4名を観て驚いた。岸田、高市、野田の3候補が資料や書類をたくさん抱えて席を立ったのに対し、河野太郎氏は何も持たず席を立った。資料はすべてスマホに入っていたのだろうか?それとも彼の脳に入っていたのだろうか?

昨日の日本記者クラブでの討論会終了後の姿。

 この辺りをメディア・マスコミはどう見ただろう?全国の自民党員はどう見ただろう?もちろん派閥の束縛はあるだろうが、自民党の衆参議員たちはどのように見ただろう?

 派閥・数の論理や主張内容の好き嫌いだけで勝ち馬に乗ろうとするのではなく、自分たちのリーダーにふさわしい資質・スキルを持っているか否か、果たして投票権を持っている自民党関係者個人個人はこれらを判断できる頭脳を持っているだろうか?

 自分たちで選んだ総裁が総理首相となり、すぐ始まる衆議院選挙に使用する選挙ポスターに自分と一緒に写る訳だ。菅首相の不人気で自民党の支持率が下がっている中、今回選挙で大幅に議員数を減らしそうという予想が高い中、「自分だけは当選!」を考える当落線上の議員たちは派閥がどうのではなく「私個人」の事で頭が一杯だろう。

 我が友が政治家を評してこういった。「田中角栄は政治世界をコンピュータ付ブルドーザーで動かした人だ。小泉純一郎はオープンのアメ車に乗ってカーステレオでプレスリーを流しながら動かした人だ。安倍晋三は映画に出て来るような黒塗りのワンボックスのCIAカーで隠密政治を行った人。で、菅義偉は軽トラで農機具を積んだまま政治を動かして大雨(=コロナ)でぬかるみにハマってしまった人だ・・・だそうだ。

 このような環境下でメディアや政治評論家が勝手に予想するように、長老たちや派閥の指示通りに議員たちが票を入れるか否か、状況を注視したいと思う。

 もちろん自民党総裁選に関しては党員でもない団塊爺の筆者は選挙権がない。しかし、その後の衆議院選挙には強力な清き一票を持っている。団塊世代の横のつながりも固い。

 今回の総裁選盛り上がりは小泉純一郎元首相のデビューの際とは違う熱気だ。今までのベテラン・長老たちの「群れが造る順ぐり政治」から一気に若手の政治家に世代交代する今回の総裁選、記者会見や討論会を観ていると個人的には終わったオリンピックよりはるかに面白いと思う。

 著名な政治評論家は殆どが候補誰かと何処かで繋がっていて色が付いていると思って間違いない。決して公平な評論はしていないとみて良いだろう。新型コロナの話と同じでテレビで評論家たちが言う事を視聴者たちはそのまま鵜呑みにしがちだ。事実は別にあるのに。

 ぜひとも外人記者クラブで、すべて英語で昨日の記者クラブのような討論会を行ってほしい。日本語は同時通訳で良いだろう、発言内容も昨日の日本記者クラブでの発言とそう違わないはずだし・・。むしろ英語で外人たちを笑わせるジョークや、納得させ唸らせるコミュニケーションが出来るか否か観てみたい。

 今までの総裁選と一番何が違うか?

 それは、4候補者全員が英語とITスキルを持っているという事だ。未だかって総裁候補で語学堪能な者が数多く出たことはない。それに今まではITスキルはまだ関係なかった。

 これからの総裁・首相は語学堪能・IT堪能、インターナショナルなスキルが充分あるものでないと務まらないだろう。デジタル・コミュニケーションを日常的に行えなければ国民について行けまい?その点で言えば石破氏が立候補しなかったのはその辺りの時代の流れを感じたからかもしれない。

 総裁選が最初の1回で決まるかどうかわからない・・とメディアは盛んに発信している。

 もし初回で過半数を得る者が出ず、1位2位の決選投票に成って最初でトップを撮った候補がベテランや派閥の「数は力、力は正義」の論理で負けることが有り得た場合、逆転で初回の2位が総裁になる様であれば世の中は自民党に相当落胆するだろう。

 「やっぱりそういう仕組みか?自民党も変わらないな・・。」で、間違いなくその先の衆院選で自民党は相当票を失うだろう。国民は多分相当な執行部若返りを期待しているのだと思う。先週まで権力を握って来たベテラン・長老たちに一斉に隠居してもらい、若手で自民党を全く変える・・・、其処までの覚悟が全国の自民党員・議員たちにあるか否かしっかり見ていきたいと思う。 

2021年9月18日土曜日

身近な三鷹の野川が台風の影響で危険水位まで増水だという! It is said that the familiar Mitaka Nogawa has risen to a dangerous water level due to the influence of the typhoon!

  迷走台風14号、あっちへフラフラ、こっちへフラフラし、いったんは死んだと見せかけて海水温の高さで生き返り、急に首を東に向け史上初の福岡県上陸したという。それも小倉の附属小学校時代林間学校で過ごした津屋崎附近(福津市)に上陸だという。その後北九州の小倉付近を通って瀬戸内海➡四国縦断➡紀伊半島➡東海➡関東という日本縦断コースで首都圏を脅かしている。

今朝のNHKニュース。

 普段から週に3度以上は徘徊する野川の土手。時にはランニング、またある時はズームレンズを付けて野鳥探査。その身近な野川が危険水位を越えたという。普段徘徊していてそんな所あったっけ?と思い調べたら、現在工事中の洪水時遊水地になる低地帯がその場所だった。

全国区のニュースで身近な野川が溢れそうと出ると、付近住民は誰もが驚く。

公的水位情報の危険水位突破データ。

調布飛行場の真東の野川がポイント。

ブルーのグランドシートが掛かっているあたりが危険水位越えポイント。

 大水の際に水を貯める場所が野川には数か所ある。それのもっと大規模なものを建造中なのだ。だから危険水位を超えてもそこに水が流れ込めば本来の目的を達するので、問題はないのだ。そういうことを知らないでこの手の情報を鵜呑みにするとパニックになる人もいるのではないだろうか?

 元々ハケの崖沿いの野川だから標高は海抜45m程、ハケの崖上は65mほどだから我が家のある三鷹市の国際基督教大学附近は野川から15m以上の高台に存在する。水害はまずない。

 この野川では、歩けば春夏秋冬必ずカワセミに出遭える。今日はそのカワセミの佇まい。


獲物を狙う時の生態は、その次のダイブのシャッターチャンスに繋がる。



今日のカワセミは採餌の際の魚の動きを注視している場面。

2021年9月17日金曜日

引き続きヤマセミの生態画像 つがいで行動しているヤマセミ。 Continuation of the ecological image of the crested kingfisher. Crested kingfisher acting in pairs.

  アップで撮影した昨日のヤマセミ飛翔シーン、反響があったので、今日は逆に引きでつがいで行動中のヤマセミ佇まい。

 幾度も繰り返すが、ヤマセミのペアは生存中通年で行動を共にするので、お互いが縄張りの中で1㎞も2㎞も離れて行動することはまずない。

 二羽のヤマセミの距離が一番離れるのは、抱卵中の片方を巣の中に置いたまま、もう片方が採餌に離れている時くらいだろうか?

 一度、抱卵中のメスを巣に置いて、採餌の為オスが巣を離れている間にアオダイショウが巣のメスや卵を襲った現場を目撃、ショッキングな場面を収録してしまった事がある。

 今日の画像はそういったショッキングなものでは無く、平和な日常のつがいの佇まい。

球磨川の瀬を行くヤマセミのつがい。

繁殖期以外の飛翔中の二羽の間隔は大体この程度が普通。

広い球磨川をつがいで飛ぶカワセミペア。慣れないと2羽で飛んでいるのを見落とす。


繁殖期以外ではこの距離で枝留まりが普通。

2021年9月16日木曜日

最近今までのようには見られない球磨川のヤマセミの生態。  The images of the crested kingfisher on the Kuma River, which has not been seen recently as usual.

  台風14号崩れの大型低気圧が東進をしそうな気配だが、今年も南九州は豪雨災害一歩手前の雨量があって、昨年の球磨川豪雨災害の復興も思うように進んでいないようだ。

 人工物の復興、肥薩線その他インフラの復旧がなかなか進まないのと同様、自然界の生き物の生態も2020年の球磨川豪雨災害の影響が随分出ている様だ。

 その一番の被害者が人吉市の鳥ヤマセミ、彼らの出現回数が激減しているという。

 人吉市在住で毎日ヤマセミの動向などをメールで送って下さる方々も、最近トンと出遭えていないという情報が多い。

 筆者は色々な事情でコロナワクチン接種が遅れているが、二回とも打ち終わる10月末には副反応(あったとしても)終了後ぜひとも球磨川流域へ行ってみたいと考えている。

 しかし、現在の第5次感染拡大期が収束しても、年末に向けて第6次の感染拡大が予想されているので何とも言えないが・・・。

 今日のブログは2020年以前の健全な球磨川の時のヤマセミの飛翔中の様子を捕らえた画像をご紹介。





今回はランダムに無作為抽出での画像だが、生態別のシリーズにいずれ戻りたい。

2021年9月15日水曜日

晩夏から初秋にかけての新宿御苑御佇まい。 The nature appearance of Shinjuku Gyoen of late summer to early autumn!

  今年の晩夏から初秋にかけての移ろいは、長雨や迷走台風の影響もあって不安定だ。セミも鳴いたり全く鳴かなかったりで忙しかろうと思う。虫の音も、虫たちが夕方から「オイどうするよ今夜は?」と相談しているような気がする。

 一昨日は日中31℃、昨日は26℃、今日以降迷走台風崩れの低気圧次第で最高気温は上下が激しい様だ。

 今日のブログは昨日の新宿御苑・動物系の続きで、植物系と休日の人間達の佇まい。今日は午前中から陽が出そうだから昼寝にでも出かけては如何だろう?

新宿門は相変わらず一番多くの人が出入りする。

広い芝生は、ほぼ等距離で人々がくつろいでいる。

日曜日はファミリー、二人連れ、4人程度のグループ、望遠レンズを持った人など。

一昨日は終日曇天、時折パラつく天気だったが、一次薄日も射した。

此処からは植物など・・・。

明治神宮などとは佇まいが異なる。日本庭園を除き西洋樹木が多いからだろうか?

早くも周回路には銀杏。

まだ匂いはあまり強くない。

キンモクセイはほぼ満開。

出遅れか、居残りか百日紅。


萩の花にキチョウが乱れ飛び。

彼岸花は紅白そろって今週末が満開か?