2024年6月20日木曜日

八代の野鳥たちシリーズ、ハイイロチュウヒ! Yatsushiro wild bird series, the Northern harrier !

  筆者ブログで八代の金剛干拓地の猛禽類に関して幾度かご紹介してきたが、今日はたった一日、朝夕だけ遭遇したハイイロチュウヒのメスをご紹介。

 この猛禽類への遭遇はたった一日だけだっが、金剛干拓での撮影回数は8年間で延べ70回に及ぶ。通算でほぼ年間10回は訪問していることになるが、人吉市でのヤマセミ観察に比べれば決して多くはない。

 ご存じのように基本的にハイイロチュウヒは低い所を主翼をVの字にしてユラユラと飛ぶ。他の猛禽とはずいぶん違う生態だ。人吉でも葦原の上を飛ぶハイイロチュウヒに二度ほど遭遇している。阿蘇山の外輪山でも同様(オス)。鹿児島の錦江湾沿いの湿地でも同様(オス)だった。

 北関東の渡良瀬遊水地では夕方塒入りするシーンを狙ってバーダーさんがたくさん集まるが、熊本~鹿児島では朝がた採餌で飛翔するシーンに出くわすことが多かった。

 今回干拓地では、最初干拓地の中の水路をユラユラと飛び、農家の庭先をかすめてUターンして海上に出た。そのまま浅い遠浅の海の上を飛んで球磨川河口・水島遺跡の方に消えていった。 

最初はトビだとばっかり思っていたが主翼の後部の白い帯と飛び方で気が付いた

農家の車庫を横切って



母屋の屋根を越えて堤防に向かう

堤防上をしばらく飛んで海上に出たハイイロチュウヒ


水鳥も猛禽類の接近に騒ぎそうなものだが・・。

そのまま球磨川河口部を横切って水島の方へ消えていった。

 今回の画像は最初に出逢った朝の画像だが、この日夕方に再度出遭った際の画像を写真展の為に出展予定。
同じ日の午後遭遇した、朝と同じ個体と思われるハイイロチュウヒ メス

2024年6月19日水曜日

八代の野鳥たちシリーズ、アトリとニューナイスズメ。A series on wild birds in Yatsushiro, including The Cinnamon Sparrow and The Brambling.

   八代市の金剛干拓で出遭う野鳥たち、今日はアトリとニューナイスズメ。いつ行ってもたいがい群れで居るが冬季はものすごい数の群れを成す。

 農道上の電線に数百羽~千羽を超える数に出逢うと、もう壮観というしかない。

 一羽に出逢うのにも相当苦労する野鳥と、こうした大集団で待っていてくれる野鳥種と、その生態の違いに右往左往する野鳥ファン・バードウォッチャーだがそういう部分も楽しみの一つなのだろう。

電線上に仲良く混在・同居するアトリとニューナイスズメ

きちんと順番に前列から飛んでいく、なぜか追い越しは無いようだ 


なんだか大昔1960年代のカーテンやワンピースの生地のように見えた

面白い事に、少し経つと同じ電線に戻ってくるのは何故?

2024年6月18日火曜日

8月の八代市写真展へ向けて、金剛干拓地の野鳥画像チェック・ヒクイナ。 Checking out wild bird photos from Kongo reclamation area - Ruddy crake- in preparation for the August Yatsushiro City photo exhibition.

  クロツラヘラサギに比べ普通のヘラサギの方が冬季日本へ来る絶対数が少ないのかもしれないと思いつつ、今日はヒクイナ。八代ではハイイロチュウヒ同様、たった1回しか遭遇していない。

 これは、金剛干拓地の付け根にある葦原で偶然チョロチョロ出てきた所を撮影できたもの。クイナは筆者が住民登録している三鷹市でも生息しているが、ヒクイナは三鷹ではまだ観たことが無い。

警戒心が非常に強いようだ。人吉市で撮影した個体もそうだった。



正面から見るとまるで子供が描いた絵のようにまん丸い。

2024年6月17日月曜日

8月の八代市写真展へ向けて、クロツラヘラサギの画像チェック中! Checking out photos of black-faced spoonbills for the Yatsushiro City photo exhibition in August!

  昨日のナベヅルに引き続き、大型の野鳥クロツラヘラサギをご紹介。

 絶滅危惧種としてのメディア報道で、実際どんな野鳥だか知らなくても、クロツラヘラサギという名前だけは知っている人が増えた。

 このクロツラヘラサギに最初に出遭ったのは2014年、今回の写真展の主催者:高野茂樹博士に連れられて球磨川の河口部前川の中州で集団で寝ている所だった。

 今回良く画像を観てみると一羽だけ普通のヘラサギが混じっていた。この普通のヘラサギが混じっているのは筆者的に言えばあまり珍しい事ではない。

 3年前、東京湾の葛西臨海公園の野鳥園でクロツラヘラサギ二羽と普通のヘラサギ一羽が一緒に居る所を撮影しているし、八代の鏡川河口に在る風よけのガードフロートに数十羽のクロツラヘラサギがまとまっている際も一羽のヘラサギが混じっていた。

 写真展にどういったシーンの画像が良いのか、今少し時間かけて掘り出してみたい。

2021年4月18日コロナ過の葛西臨海公園で、右端がヘラサギ。

八代市の前川で

同上、左端が普通のヘラサギ

鏡川で、いったん内陸へ向かったクロツラヘラサギの若鳥二羽が、ヒドリガモに先導されて海方向へ戻ってきた際の画像。

やはり八代市の前川(球磨川河口部)で何度も周回コースを若鳥中心のフライト。

2024年6月16日日曜日

団塊世代はこの8月八代市での野鳥写真展へ向けて超多忙中! The baby boomer generation is so busy to join for a bird photography exhibition in Yatsushiro City this August!

  いつになく収穫の多かった1か月前の熊本出張、8月に八代市で行われる野鳥の写真展へ参加する件は既報の通り。


これを御覧の方々で八代市テリトリーで撮影した野鳥の写真があれば、是非出展されては如何だろう?写真展というのは観るだけではなく、参加することの面白さ(と大変さも)を昨年、尊敬する写真家さんに手取り足取り実体験させて頂いたばかりなので、是非にと思う次第だ。

 写真は撮るだけじゃダメ!人に伝えて、感動させて初めて価値が出るものだと学んだ。

 しかし、今回クロツラヘラサギはじめ野鳥に関する世界的権威者のお誘いを受けての参加、バードウォッチャーという野鳥を毎日観察しておられる方々中心に観て頂く写真展、決していい加減な写真は出せない。

 やはり八代市界隈で日頃野鳥観察をされている数多くのバードウォッチャーの皆さんに、更に日頃の「鳥見」を楽しんで頂けるよう、単なる野鳥図鑑的な画像ではなく、生態紹介的な「ある瞬間、意味のある瞬間」のカットを出展しようとパソコン前に座って奮闘中だ。

 例えばツル!先週6月8日のこのブログで、八代市の全国から見たイメージの中第3位に「ツル」というのが在った。毎年越冬のため飛来するマナヅル、ナベヅルで有名な鹿児島県出水市と混同されてしまっている・・・と述べたが、実は八代市にも毎年数十羽飛来する。


2004年頃の全国アンケート調査の結果

 もちろん八代市のツルはメディアに載って全国的に知られるほどの規模ではないが・・・。出水市のキャパがオーバーして、八代市や有明海周辺の干拓地に分散飛来する傾向が増加している一端だろうと思っている。なんだか最近の海外観光客のオーバーツーリズムに似ている様だ。

 で、その鶴!ツルだ。

 筆者が遭遇した八代市でのツルは全てナベヅルで場所は金剛干拓地。

遠くに日本製紙(旧十條製紙)の工場が見えてこそ八代市だろうと思う。

金剛干拓の農道を飛ぶナベヅル

働く農夫さんも全くツルを気にしない、珍しくないのだ。

クルマの中から撮影していたら、こちらへ飛んで越えていった。

前川の方へ飛んで行った。

勿論、アップの画像も在るが「八代市の野鳥」の写真展なので、何処で撮ったか判らない様な鳥類図鑑的アップ画像はできれば避けて行こうと思う。実はこれが大変難しいのだ。

例えばこの画像だと鹿児島の出水市でも同じような画像が撮れてしまう。

2024年6月15日土曜日

多摩川の河原でイカルチドリに出遭えた! I encountered a thrush on the banks of the Tama River!

  こういったタイトルでブログを書くと、お前、何言ってんの?普通じゃん、それ。と言われるかもしれない。

 東京に住んでいると、どうしても都心の明治神宮や目黒の自然教育園、上野の不忍池、冬の新宿御苑に行くか、地元三鷹の野川流域で野鳥を探してしまう。

 多摩川も決しておろそかにするわけではないが、あまりに流域が広くて(熊本の球磨川よりはるかに大きくて川幅も4~500mと広い)探鳥のポイントを絞れない事と流域の河原の藪が広すぎてうかつに草むらに入れないのだ。

 そんな中、神奈川県側つまり右岸土手を少し歩くと、セッカの声、オオヨシキリの声、イカルチドリの声が広い河原から聞こえて来るではないか。

 これほど多摩川にも数多くの野鳥が生息しているのだと実感できて驚かされた。

 野猿街道の府中四谷橋(全長446m)を渡って少し土手を歩いただけなのだが、撮影できた野鳥はカワセミ、イカルチドリ、セグロセキレイ、チョウゲンボウ、ツバメ、カワラヒワ。

 今日は河原の砂利中州で繁殖していると思われるイカルチドリが主人公。この一連の動きは、最初我々見慣れない人間を観て警戒で鳴いていると思っていたのだが、実は猛禽類のチョウゲンボウが現れたからの理由によるものだった。

 それまでの定期的パルス信号のようにピーピーピーピー♪鳴いていたのが、ボリュームが上がりピピピピピピ♪という完全非常事態警戒音に切り替わって動き始めて飛ぶまでの状況をご紹介。






多摩川の瀬は、人吉市内の球磨川の瀬よりポイントが多く水量も多い。

飛びながらも鳴くチドリなので、発見はしやすい野鳥だ。


羽根を広げた大きさは45㎝もあるのでハトより大きく見えるような感じだ。


2024年6月14日金曜日

昨日投稿したチョウゲンボウ、今日多摩川でツバメに追われるに遭遇! The Kestrel I posted about yesterday was spotted being chased by several swallows in Tama River today !

  一昨日のこのブログで九州八代のチョウゲンボウをご紹介したばかりで、翌日の昨日、国立駅からまっすぐ南下して多摩川を越えたところでそのチョウゲンボウに生で遭遇!

 しかし、なんと4~5羽のツバメの群れに追われて逃げ去ってしまった。何という事!昨日の今日でチョウゲンボウ?最近こういう偶然が引き続き起こり、何か不気味でしょうがない・・・。

 最初は河原で繁殖中のイカルチドリを観察していたのだが、いきなりさらに甲高い連続音の警戒警報の鳴き声になった。すわ猛禽類か?と思ったらイカルチドリが飛び立ち、やはり正面に猛禽類を発見!チョウゲンボウだ!

 そこから最大300㎜(APSCボディ)のズームで捉えたチョウゲンボウ、ほぼ曇天の空抜けで半ばシルエット状態ながらなんとか捉えたのだが、戻って画像チェックで腰が抜けた。

 チョウゲンボウの周りに何か写っている!イカルチドリが仲間を呼んで攻撃⇒撃退しているのかと思ったら、なんと追いかけているのはツバメだった!

 都会の色々な所で営巣し、そろそろ巣立ちの頃ではないのか?多摩川辺りで真昼間ツバメがなぜこんなに沢山いるのだ?PC画面で画像を見ながら不思議で仕方なかった。

最初は多摩川の河原上で飛んでいる姿を捉らえた。

それが府中四谷橋に掛かったあたりから空抜けでシルエット状態

あとはチョウゲンボウにまとわりつくツバメの攻撃を観るだけ

最接近している際は体当たりをしているように見えた。


こうしてツバメを引き連れたチョウゲンボウは去っていった。