2018年7月17日火曜日

八島湿原のノビタキは今年も過ぐ近くまで来てくれた! This summer, Siberian Stonechat in Yashima wet highland came to close to me again !

 ヒュッテ御射山で心のこもった珈琲を楽しんだ後、再び木道を駐車場へ戻りつつ、太陽を背にしながらノビタキの動きを観察・撮影した。

 ご存知の通り、奥日光戦場ヶ原、北海道全域でこのノビタキに幾度も遭遇している筆者だが、特にここ八島湿原では木道から至近距離を飛び回るノビタキを観察するには最適の場所。

 白いカラマツソウやイブキトラノオ、北海道にも沢山生えているシシウドとノビタキの取り合わせは野鳥写真の定番だろう。

 ここでは時間を掛けて粘ればピンクのヤナギランやアカバナシモツケソウとノビタキとのコラボレーションも撮影可能かもしれないが、今年は異常に暑いので熱中症には要注意だ。 
朝5時、ISO10000でやっと撮れたノビタキ。




カラマツソウに陣取るノビタキ。

カラマツソウの間を飛び回る。

目が合ってしまったノビタキ。


まさに左の羽虫を狙って採餌行動中のノビタキ


直線距離で20mあるかどうかのノビタキ。

2018年7月16日月曜日

団塊世代の皆さんへ早朝の八島湿原散策をお薦めする。I would like recommends walking the Yashima-wetland in the early morning for baby-boomer generation.

 筆者のこのブログはいつもの内容が示している通り、野鳥の生態を中心にした、どちらかというと理科・生物学系の内容ブログだ。単にこんなに珍しい野鳥が居ましただの、ノートリで接近できました、あるいはもう抜けてしまいましたがこんな珍しい渡り鳥や旅鳥に出遭えました!などという自慢げなブログでもない。

 したがって、接近した綺麗な画像や、珍鳥や迷鳥ばかりを探求される方々には面白くないと思うが、海外からのアクセスの多さ(先々週などはフランスとアメリカを合計した数が我が国内の総数を超えた日が続いた)を考えると、たった一行の英語タイトルと野鳥の生態画像だけで日本語を理解しない方々にも、充分楽しんで頂けているのではないかと思っている。

 今日は昨日に続いて、信州は霧ヶ峰、上空から見るとハートの形をした八島湿原・散策の話。特に1948年前後に生まれたいわゆる「団塊世代」の人々にお勧めしたい「気持の良いさわやかな高原」ご紹介の話だ。もう幾度も行って良く知っておられる方はパスされますように。

 筆者は過去30回ほどこの八島湿原を訪れている。これは東京からだとしても決して多い方ではない、地元の方は毎日でも行かれる方もいよう。
 最初に来た2000年以降、今まで春夏秋に各10回程度来ているが、冬の雪のシーズンはたった1回しかない。其れも木道が雪で歩きにくい時に。

 今年は5月の末に車で行った九州探鳥行の帰り、それと二日前、富士見の森のオフィス・イベントへのおまけ(渋滞回避の時間調整)で5時間ほど立ち寄った。

 3連休の初日だったので人出は多いだろうと予想はしていたが、思いの外混雑していなかった。これは八島湿原の公共駐車場(他にはない)のキャパが100台あるか無いか程度なので、おのずから湿原に立ち入れる人数が限られてしまうという自然環境保護には良い上限を保てているのだろう。

 ハート形の周回道路をゆっくり回っても1時間半で元の場所に戻れてしまう。むしろ車山へのなだらかな登山道の拠点、あるいは鷲ヶ峰への拠点にするのも良い場所だと思う。

 此処へ来たら忘れてはいけないのが、ヒュッテ御射山。車山への登山口にもあたるが、湿原の自然をカメラに収める人間にとっては絶好のベースキャンプに成るだろう。此処へ来始めた頃は長期休業で未だ営業をしていなくて、軌道に乗せる準備中だったような記憶がある。

 ヒュッテ御射山の若い支配人ご夫妻の人柄、明るさ、人懐こさは近隣のどの宿泊施設とも違う異次元の雰囲気を持っており、何故かまたすぐ訪れたくなるような不思議な磁石を持っている。

 木道を歩いてきて、飲むホット珈琲の香り、味はコンビニで入れてきたポットの珈琲とは全然違う美味しさがある。こればかりは行ってみて自分で味わってほしい。言葉で表現するのは無理。

八島湿原の生物は実に人間に良くひっついて来る。

木道に数か所木のテーブルと木ベンチが在る。勿論早朝の八島湿原界隈に売店は開いていない。午前2時調布からの高速に乗る前コンビニでサンドイッチを買い込んで・・・。10年以上使い込んだスタバの保温タンブラーに店頭で入れた珈琲とで高原・木道モーニング、ちょっと早めの朝5時。

ヒュッテ御射山は車山への登山道入り口にもあたる。

自炊可能な山宿でWifiを使えるというのは、毎日ブログを更新する身としては非常にありがたい。Wifiも使えない、朝食事にコーヒーを出さず紅茶しか出さない様な同じ八島湿原の別の宿より余程お客のニーズを判っている点で、強くお勧めしたい。

今回は営業時間外(飲食サービスは10時以降)の早朝にも拘らず、宿泊客の朝食の準備で大忙しなのに、若い支配人さんわざわざ外まで出てきて「シンジョーさん!コーヒー飲みます?」と声を掛けてくれた。団塊世代はこういうのに弱いのだ。なおかつ珈琲を頂いている最中、それを知らない若き奥方も同じ様に「コーヒー如何ですか?」と声を掛けてくれる、この気配り、このお二人、ただ者ではない。
 数日前、熊本空港の飲食店舗サービスの惨状を体験した直後だけに、余計この珈琲一杯に強く感動した。熊本空港関係者には是非こういう旅人の心を学んで欲しい。サービスの原点を信州の標高1600mで知ったのだった。

夏が過ぎて、晩秋、天候の具合では霜どころかうっすらと雪が積もったりする日にぶち当たったりする。こういう日は野鳥が多いのだ。今年は少し長めの滞在を計画している。自炊も良いかもしれない。

完全に雪が積もり始めても、晴天率が非常に高いエリアなので、天候を観つつ行くと良い事があるはずだ。

1月の初旬はこんな感じだった。今と比べると生物は1/100もいないシーンとした世界、空気は勿論とても硬い。野鳥類は山を下りて里にいる。目に映るのは雪上に残る動物の足跡のみ。

標高が少し下の踊り場湿原(車で10分)の周回路は雪靴=スノウシューが無いとまず歩けない。

真冬の歩行は結構しんどいが、その代わり北アルプスが真っ白に見えるご褒美がある。真ん中は槍ヶ岳。

2018年7月15日日曜日

団塊世代はコンデジで早朝の八島湿原を撮ってみた。 The Baby-boomer tried took several photos of Yashima wet-highland by compact digital camera in a sunrise early morning.

 普通の年(7月20日頃)ならまだ梅雨明け前でジメジメしている筈なのに、関東だけは異様に早く6月29日に明けてしまい、未だかってない長く暑い夏になるようだ。

 3連休の初日、富士見での森のオフィス・イベントへ参加する為、連休の大渋滞を避けて、まず未明に目的地より遠い霧ヶ峰・八島湿原へ行き、昼前に東京へ向かう逆渋滞コースで富士見へのコースを取った。

 これが大成功で、八島湿原には5時間ほど滞在できた。早朝の野鳥を狙うには充分過ぎるほどの時間だ。勿論3連休だから八島湿原の公共駐車場もすぐに満杯になってしまう事は想定済み。朝4時頃着けば、前夜からの泊まり組程度しかいないだろうと踏んでの計画だったがその通りだった。

 今日のブログは、団塊世代へコンデジを持って早朝・日の出の頃の八島湿原を散歩するお勧めだ。何だ、コンデジかと言ってバカにしてはいけない。何も重たい三脚を担いでフラフラしながら、3連休の木道散策の数多い人々を三脚を広げて邪魔をしないですむ手持ち撮影のコンデジだからこそ、その機動性と優位性を生かせる良いチャンスだと思う。
 
朝4時14分の八島湿原駐車場。11月あたりだとまだ全然真っ暗闇の中。既に15台ほどの車が来ていた。

これが朝10時前の八島湿原公共駐車場、駐車場に入れない車が道路沿いに長い列をなして炎天下待っている。

日の出前の八島湿原の主役は高層湿原特有の霧だ。

暗いうちに手持ち撮影でこれを捕らえるのはコンデジではちょっと難しいかも知れない。

この日は雲がかかって綺麗な日の出は撮れなかった。

筆者が湿原入り口に着いた時点ではまだ暗くて撮影は出来ないが、既に16名のカメラマンが居て撮影の場所取りをしていた。コンテスト志向者達だろうか?

シャッターを切れるように成ると盛んに連写で花などを撮っていたが、動かないモノを機関銃のような凄い連写で撮ってどうするのだろう?

この時期の八島湿原はこのヤナギランが主役。神々しい朝だ。


もう一つの主役がニッコウキスゲ、1日で花は萎んでしまう。

花の開花時期は非常に短い。

陽が出ると高層湿原とはいえ物凄く暑くなる。今日は此処まで!

2018年7月14日土曜日

50日振りの霧ヶ峰・八島湿原でなんとジョウビタキが繁殖しているのに遭遇した。It seems that Daurian redstart is breeding in Kirigamine.

 改めて画像を精査してこのブログでレポートするつもりだが、長野県富士見に在る「富士見・森のオフィス」で今日7月14日(土)に行われた<森の知恵 Vol.9>~佐藤秀明写真家 佐藤秀明が見た、八ヶ岳の過去と現在~に参加してきた。

 何せ、3連休の初日・土曜日の開催だ。東京から参加する場合は3連休初日の大渋滞に巻き込まれる事必定!そこで作戦を考えた。
 朝早く暗いうちに都心を抜けて、霧ヶ峰の八島湿原へ行き、5月25日以来の様子をチェックしてみよう。そうして富士見まで渋滞無しで戻って佐藤さんの講義に余裕をもって参加してみようと思ったのだ。

 真夜中に車で都心を出るのは、約2ケ月前のゴールデンウイークど真ん中・5月4日(休)に用賀インターから東名で大阪を目指した際と一緒だから慣れている。今回は午前1時30分に三鷹を出て調布インターから中央道へ乗った。ゆっくり走ったつもりでも午前3時40分には八島湿原公共駐車場に到着した。グーグルマップの「ルート」で見た2時間30分よりは早く着いた。

 途中、いくつかのSA(サービスエリア)でトイレへ行こうと思ったが、3連休のせいだろうか、真夜中2時3時に駐車場が満杯!なんと驚いた事に、皆車中泊をして、行楽地へ行く朝の渋滞を避けているのだった。後からトイレタイムで来た車は停める場所が無くて大迷惑だ!

 薄暗い状態から木道へ出て、ノビタキ、ホオアカ、アオジ、オオモズ、カッコウ、コムクドリ、ジョウビタキなどに遭遇、撮影出来た。詳細は追々ブログアップするとして、今回の一番のレポートはジョウビタキの繁殖だろう。

 基本的にジョウビタキは冬鳥で、真夏に観られる野鳥ではない。ましてや国内での繁殖は非常に珍しいとの事。それが口に虫を頬張った♂のジョウビタキが何度も何度も同じ所に現れるので驚いたと共に、約1時間の間観察を続けてみた。

 以下詳細は後日に回し、この日の野鳥の数カットをご紹介。
真夏、東京が36℃超えという日に、まさか霧ヶ峰でジョビのオスに出遭えるとは思ってもみなかった。

明らかに口に昆虫を頬張って、幾度も同じコースで営巣場所へ運ぶ。

一方で、カッコウは八島湿原のシンボルかも知れない。


また今回もカッコウは二度のタイミングで撮影出来た。此処までは稜線を横に飛んで行くカッコウ。

もう一度は筆者の真上を飛びぬけた大胆不敵なカッコウ。

2018年7月13日金曜日

人吉駅の真上にある鷺山(サギ山)は今年も超・混雑中! Heron's huge nest complex above Hitoyoshi station is crowded this year again.

 サギ山は熊本県内でもあちこちに存在するようだが、人吉駅の真上にある鷺山はちょっと常識外れだ。
 なんせ、JR人吉駅、くまがわ鉄道の人吉温泉駅が共有する広大な人吉駅の真上、村山台地の南側の斜面に幅100m以上に渡って広がっているのだから、全体を観るには球磨川の左岸に渡って観るか、近所の5階建て以上のビルから観なければ良く判らない。

 サギ山の調査などはやはり関東中心に偏った調査が多く、九州のサギ山に関する文献があまり無いので、人吉駅上のサギ山がどの程度のモノなのかここでは触れない。

 しかし、コサギ、チュウサギ、ダイサギ、アオサギ、ゴイサギがその構成種である事が多い日本において、ササゴイの数が多い人吉のサギ山は少々国内の他のそれとは異なっているかもしれない。

 水辺に多いダイサギ、コサギに比べ、乾田や畑に多いチュウサギがサギ山では共存しているのも面白い。

 人吉市の場合は駅上から街の上空を飛んで球磨川方面へ出るので、サギの飛翔に限って言えば人吉市は全国的に観ても最も多い都市に成るかもしれない。特に朝夕は飛び交うサギで上空は混雑する。
まさに駅の上のサギ山。もっと注目されても良いと思う。

陽が陰る頃、大挙遠征組が戻って来る。



此処のコロニーはササゴイが多いのが特徴。

アマサギに交じってチュウサギらしき姿も・・・。



人吉駅前の道をまっすぐ南へ進み2ブロック目の右側に野鳥の写真や人吉市の歴史写真を展示している「じゅじゅハウス」がある。高松淳二さんが主宰している人吉市の情報発信スペースだ。

此処では古江さんが撮影されたヤマセミの生態写真が絵葉書になって販売されている。大物を咥えて困っているヤマセミの画像など、他の野鳥写真とは少し違う非常に貴重なものばかり。人吉へヤマセミに出遭いに来られた方々は是非立ち寄ると良い、各時期ごとの人吉近郊におけるヤマセミ情報などを聴けるかもしれない。




 

2018年7月12日木曜日

災害日本を上空から目撃した! I witnessed disaster Japan from over the sky !

  熊本空港レストラン群の経営方針の酷さを緊急投稿したら、ヤマセミの時よりはるかに多いアクセスを頂いた。此れには驚いてしまったと同時に頂いたメールを視る限り皆さん同じ思いだという事が良く判った。

 で、その熊本空港を飛び立って、A-9の席から見下ろしたところ恐ろしい災害の爪痕を撮影する事になってしまった。滅多にこういう事は無いが、コンデジを常時持ち歩いて何かあれば撮影する筆者の癖がこういう結果に繋がっているのだろうと思う。

 2015年9月の阿蘇山爆発を北九州上空を通過中のANA機内から撮影したのもその一つ。
 2015年9月の阿蘇山爆発を上空のANA機内から撮影した動画もYoutube投稿。 https://www.youtube.com/watch?v=9_dIp6GEfug

 今回も熊本空港から飛び立った直後から左の窓越しに見える日本を撮影し続けた。今日のブログはそうした日本の現状などをコンデジでレポート。
空港を飛び立ってすぐの阿蘇山ほぼ全景。外輪山の切れ目から観たもの。

阿蘇のお山は今日も活発に・・・。

1960年代憧れていた西ドイツのルフトハンザ航空のポスターイメージ(自作)

この頃、ルフトハンザの広告宣伝に興味が在ったのでよく覚えている。頭のマルマークを入れたり入れなかったりするのは何故だろうと思っていた。これは熊本空港を飛び立ってすぐの白川沿いの田園風景で当時のルフトハンザ航空の宣伝ポスターを想い起こして真似たもの。

阿蘇の地震で崩落した阿蘇大橋と山崩れの現場も良く見えた。

里山写真家の今森光彦氏の写真展で観たような景色が眼下に!

豊後水道に差し掛かった時に、海中に妙な直線部分が見えてきた。

近づいて行くと窓ガラスの光学的な影響だとか、何かの反射や映り込みではない事が判った。

角度的にも大きさ的にも何かが存在する事だけは画像から判る。

拡大しても自然現象なのか、人工的なものなのか不明。ミステリアス。

暫くすると松山市手前の瀬戸内海に茶色い川の水が押し出しているのが見えてきた。流域の平地は真っ茶色。

何とこれが愛媛県大洲市の肱川(ひじかわ)の洪水そのものだった。10名を超える方が亡くなり今も行方不明者が居るという。今目の前で起きている際が居も見えてしまう気が重い航路上のウインドウ景色だった。被災者のご冥福を祈ると共に、ご親族など残された方々にお悔やみを。同時に復旧活動に努力されている方々にエールを送りたい。