2017年11月23日木曜日

初冬の人吉ヤマセミレポート その1. This is early winter crested kingfisher report from Hitoyoshi area. Vol 1.

 二日前晩秋、今年の場合は既に初冬の人吉早朝の球磨川情景、ヤマセミのつがいなどをレポートしたら結構なお問い合わせを頂いた。野鳥関係が半数、風景撮影のアマチュア・カメラマンの方が半数、と言っても結構多くて驚かされたが・・・・。

 風景撮影愛好家の方々の多くはコンテスト応募のモチーフとして、既に有名人なっている場所ではなく、知られていない風景を探しておられるとの事だった。あの橋は何処でしょう?漁師さんの網は何処でしょう?と訊かれたので、人吉へ2~3泊でおいでになり、是非ご自分の脚で日の出時刻に球磨川堤防を散策なさるようにアドバイスした。勿論、毎朝霧と日の出に出遭える保証はありませんとも付け加えた。

 ヤマセミを目的としている場合は、遭遇する可能性が非常に低いので運・不運もあるが、橋や風景はいつも行けば必ずそこに存在する。
 Googleマップであらかじめ場所と方向を調べられるし、余程辺鄙な場所でない限りストリート・ビューでランドマーク等を事前にチェック可能だ。すべて人から情報を得て楽をしようとしては良いモチーフには出遭えないと思うのだが如何だろう?

 そうやってご自分の脚で歩いてみれば、筆者とはまた全然違う観点から視たモチーフに出遭えるだろうことも付け加えた。

 筆者が尊敬している佐藤秀明さんなど歴代の写真家の方々は詳しい事前調査を行い、殆どご自分の脚で現場をロケハンされている。是非見習うべきだろう。

 事前のロケハンなどは行わず、電柱や看板が邪魔だからと画像処理ソフトでどんどん消し込んだり、レタッチ屋と称する後処理化粧屋さんに頼んでコンテスト用に仕上げて貰ったりするのが常識化しているようだが、筆者にはなじまない。
 野鳥の生態記録・証拠画像に修正や化粧など絶対に在ってはならないと思っている。せいぜい曇天や雨の日の画像を解説用にクリアにする程度だろう。スズメを撮ってクジャクに見せる様な修正・補正は嫌いだ。
 銀塩写真時代にも行われた焼き込みの際の露出補正やトリミング程度しか行うべきでないと思うのはもう時代遅れなのだろうか?

 例によって悪い癖で、前置きが長くなってしまったが今日は球磨川本流に存在するヤマセミポイントでのレポート。
 このポイントは5年ほど前偶然見つけたヤマセミが良く寛ぐ場所で、採餌にも最適の場所となっている。今回はいつもの位置ではなく、少し離れた直線距離で70m以上離れた場所で車の中から狙ってみた結果だ。
色々な水鳥系が集まるこの場所は一見鳥類動物園とも思える。餌が豊富なのだろうと推察する。

漁師さんの作業が終了するのを対岸で待ち続け、漁師さんたちが立ち去るとこうして干し竿にやってきてしばし寛ぐ。

この竿からはこうやってダイブし・・・。

採餌したり、水浴びを行う。

いつもより遠い所にクルマを停めて中から観察しているが、こうしていつもと違う場所にクルマが在ると距離が遠くても気になるのか、何度も確認していた。

走行している内に、同じ竿にカワセミが留まった。人吉では良くあることだ。

ほんの数秒後、またヤマセミがこちらを気にした瞬間、カワセミがジャンプして採餌ダイブに入った。餌を咥えて戻って来るだろうと期待したが、古江さんの毎日のレポートに寄れば、採餌後成功した場合舫ってある川舟に留まって餌を食するようなので、残念ながらこの角度からは判らない。

2017年11月22日水曜日

クロツラヘラサギだって囲い込み漁くらいはするらしい。 I was so interested of enclosed fishing method by Black-faced spoonbill.

 熊本へ行ったらクロツラヘラサギのお顔を拝まねば、年が明けないのが此処7年間の「あたりまえ」になっている。特に日奈久から松橋までの不知火海沿岸は、いたる所の河川・河口エリアにクロツラヘラサギの小群が散在しており、観察には不自由しない。

 しかし天候・時間・潮汐の変化でその集まっている所は常に変化しており、その観察・調査・統計をされている高野茂樹博士には本当に頭が下がる。どんなに北風が強かろうが高性能の単眼望遠鏡で沖の干潟のクロツラを調べておられる。ぜひ応援をしたい。

 今日は、そのクロツラヘラサギが河口近くの川の浅瀬で小魚の群れを追い立て、囲い込んでの漁をしている場面に遭遇。普段水深70cm程度の浅瀬で横に3羽ほど並び、振り子のように左右に首を振り振り前に進み割に規則正しく行う採餌行動を見慣れていただけに驚いてしまった。

 体が大きい分警戒心や反射神経が緩慢なイメージが強かったクロツラヘラサギがこんなにも敏捷に小魚の群れを追い立てるのかと認識を新たにした次第。
ヘラの様なクチバシにセンサーがあり水中・泥中で獲物を感知するとの事。コウノトリと一緒だ。

こういう左右への首の回しで採餌するのが普通のスタイルだと思う。

観察現場は非常に浅い河川の河口から200m程の所。

最初に気が付いたのは6羽のクロツラが一斉に同じ方向へ駆け足で進み始めたからだ。普段とは違う集団行動にちょっと驚かされた。

よく見ると進む方向にさざ波のように小魚と思われる群れのザワメキが見えた。いわゆる沖合の「トリヤマ=ナブラ」と言われるイワシの群れの様なものだろう。
明らかに白くさざ波の立っている部分を追いかけているのが見えた。

魚の群れが上方へ移動するにつれ広がったクロツラヘラサギも広がって移動した。

追いかけながらも採餌するクロツラ、もう無我夢中という感じで素早かった。

最終的には輪が縮まって真ん中に集合したクロツラヘラサギ。初めて視るクロツラヘラサギの共同採餌行動?に驚かされた次第。

4日後金剛干拓地でお逢いした高野茂樹博士にこの事をお話ししたら「集団追い込み漁ですかね?」とおっしゃっていた。既にご存知の様だった。考えてみれば当たり前だ。

2017年11月21日火曜日

初冬の人吉野鳥レポート その1. This is early winter wild birds report from Hitoyoshi area. Vol 1.

 熊本から戻り、まだ画像整理が出来ていないが、初冬の熊本県内野鳥の佇まいをお届けしたい。まずは早朝人吉市内の球磨川の佇まいとヤマセミつがいの様子。

 ヤマセミが人吉市の鳥に制定され、JR九州の観光特急「かわせみやませみ」の人気も盛り上がる中、ヤマセミを一目視てみたいという方も増えたと聞く。しかし昼日中「何処だ何処だ?」と球磨川を覗いてもまず出遭えない。

 遭遇確率が高いのは、圧倒的に日の出からの1時間だ。従って東京より日の出が40分遅い今の人吉市であれば朝7時頃から約2時間ほど球磨川土手を徘徊すると出遭える可能性が高い。しかし残念なことにちょうど宿の宿泊客は朝食の時間帯に当たってしまう。従ってホテルや宿の宿泊客は朝食をパスしなければならないかもしれない。人吉観光連盟や市の観光担当者はこう言った早朝のバードウォッチング客への配慮がなされると素晴らしいのだが・・・。筆者は毎朝ご飯はコンビニのおにぎりと決まっているし、ヤマセミに遭遇できる事が常なので、いつも実際に車の中で食せるのは9時過ぎに成ってしまう。

 11月16日も朝から気温が下がったが、なぜか市内中央部だけは霧が薄く、陽が上ると消えていく川霧だけで済んだ。この時期としてはラッキーな朝だった。
深い朝霧の中で上る人吉の朝陽。

球磨川に登る川霧を朝陽がほんの一瞬赤く染める。

人吉中心部の川霧は日の出と共に薄まっていく。

球磨川の細い側流は本流と違い流れも緩やかで、市内を流れるいくつかの細い水路から、温泉水を含み暖かい綺麗な水が幾つかの樋管から流れ込んでいる。左下隅はいつもの時間通りに、ズームレンズ装着のカメラを提げてウォーキング中の辻正彦医師。
早朝鮎の刺し網を上げて収穫する川魚漁師。

対岸では筆者の「魚と球磨川環境」の先生・島津富男さんが網を整理している。いつもの通り懐いたアオサギ「チビ」が寄り添って雑魚を待っている。

朝陽が球磨川の水面に届くころ、画面右下の辻先生が川下から戻ってこなかった。これはヤマセミに遭遇して撮影されているに違いないと判断、堤防下のプロムナードへ降りる事にした。

右岸プロムナードを川下へ向かって数歩歩きだしたところ、ヤマセミ2羽の鳴き声が聴こえてきた。用心しながらズームを最大にしてファインダーで確認すると80m程のタチヤナギの樹に2羽のヤマセミを発見。背景は球磨川を見下ろす郷土料理レストラン「ひまわり亭」

60mまで近寄って見る。

樹の上部にメスのヤマセミ。

樹の下部、ススキの向こうにオスが居る。此処まで陽が上ってまだ10分。

2017年11月20日月曜日

アオアシシギを観察した。I Observed the Greenshank at Sunagawa of Kumamoto Pref.

 アオアシシギはクサシギ属の結構大型のシギだ。足の色が草色だが既に属の代表的な存在にクサシギという名があるためアオアシシギとなった様だ。緑色に見える信号を青信号というのと一緒だろうと想像している。

 このアオアシシギは旅鳥で水を張った水田や沼や浅い川。あるいは干潟に渡りの途中立ち寄る旅鳥とされている。過去において筆者は金剛干拓、人吉盆地あさぎり町の水田などで幾度か遭遇できている。今回もこの砂川以外で球磨川河口部の干潟にバラバラながら10羽以上いたのを目視撮影できている。

 割に単独行動の多い野鳥のようだが、河口部においては数羽まとまって行動しているようだ。それでも6~7羽がせいぜいで数十羽というのはまだ見たことがない。

 球磨川河口部での観察ではシャコ、カニなどを採餌していた。此の球磨川河口部や砂川の河口から2~300mは砂泥の中に沢山の獲物が居るのだ。野鳥のいる所餌が豊富という定説は此処でも生きている。
 

干潟になるとこのまま全面カニだらけの八代海干潟・球磨川河口部。

早速カニをゲット。

満潮時でも岸の傍で何かをゲット。


飛び立つと背中から尾羽までの白い部分が目を引く。


チョチョチョーと鳴きながら飛ぶことが多い。

次々に新しい個体が通過するので結構長い時期目に出来そうだ。毎年11月23日の八代妙見祭の頃に必ず目にしている野鳥だ。

2017年11月19日日曜日

八代平野でナベヅル飛来に遭遇! I encountered Hooded crane coming at Yatsushiro-plain!

 昨日はナベヅルやハイイロチュウヒ、チョウゲンボウの採餌行動など1900カット以上も強い北風の中夢中になって撮影したため夜に入って疲れが出たようだ。今季一番の冷え込みとなる中、ホテルだから暖房は要るまいと高をくくっていたら夜中に異様な寒さで体が凍り付いているのに気が付いた。昼間寒い中車の窓を左右とも全開して探鳥していたため低体温症にでもなったかと思ったが、心拍数が早いので、ひょっとしてと思い熱を測ったら(常時体温計は持ち歩いている)38℃も在ってびっくりした。

 慌てて部屋の暖房を入れて朝まで悶々と過ごし、2年ぶりに鎮痛解熱剤のバファリンを1錠だけ飲んだ。筆者の場合昔から急な発熱は、安静にして居れば急に下がって何事も無かったようになるのだが、今回はどうだろうか?

 昨日の興奮で知恵熱のような症状だと助かるが、頭痛も下痢もなく咳もくしゃみもない。老人性蓄積疲労に違いない。4日前人吉の辻医院でレントゲンと血液検査を行い概ね正常値だとの結果で安心してこのざまだ。1日12時間の都外活動はそろそろ自重する歳に成ったのかも?

 その苦労のかいあって、人吉盆地では1日の差で遭遇できなかったナベヅルのファミリーに八代市内で遭遇できたレポートをアップしてしまおう。

 何時まで居るか判らないので、金剛干拓地へ行けばまだ出逢えるかもしれない。最近は出水の鶴保護地が満席状態で、四国や山口へ分散傾向だという。したがって今まで滅多に来なかった人吉盆地や八代の干拓地へも飛来する様になったのだろう。八代の干拓地・地元の方にお聞きしたら、毎年結構来ているというではないか!知らなかっただけなのかもしれない。さぁ!ツルが来たぞと騒ぐ輩が居ないだけで、八代の金剛干拓地から北へ続く広い農耕地へはずいぶん前から来ていたのかもしれない。今後の推移を見守りたい。
 







干拓地では決して車から降りずに車窓から撮影したが、飛んでこちらへ向かってきた場合は外に出て見上げて撮影した。今はイグサの植え付け時期でどこも忙しいようで、すぐ傍にツルが居ても作業中の農夫は目もくれないが、一人余程珍しいのか軽のトラックでツルの飛ぶ方飛ぶ方へ追いかけまわす方が一人いて、ツルも落ち着いて採餌できていなかったようだ。
 多分今回の4羽は、出水で大勢の人間を見知って慣れているようではあったが、余り傍まで行って警戒させない方が良いに決まっている。さあ、今日もまだ居るだろうか?

 今朝八代駅前のミック珈琲店で出水マスターに紹介された熊日新聞社の女性記者に写真付きで情報を送った(現場から携帯電話で情報も送ってあった)が着信確認が来ない!熊日新聞上では人吉盆地の大石さんのナベヅル情報記事や横島干拓のマナヅル記事などで、もうツルに関する情報に掲載価値は無いと思っている。しかし送った情報への着信確認はメディア記者として普通返信するのが礼儀と常識である・・・と、長い広告代理店勤務で身に付いていたが八代ではそうではないらしい。あくまで個人の資質の問題かもしれないが・・・。何事にも丁寧な人吉総支局の小山さんとは大違いなので驚かされた。


2017年11月18日土曜日

人口15万人の八代市内で驚異の野鳥撮影! The wild bird photography marvelous in Yatsushiro-shi of 150,000 people of population.!

 人吉を離れて八代に移動した昨日からの雨も予定より早く朝8時には上がり、9時には陽も出て強い北風が吹き始めた。とりあえず大潮の満潮が午前8時半頃なので八代市内の干拓地方面へ探鳥に出かけた。

 堤防から海を視れば物凄い風と岸壁までの海水で浜は無く、水鳥達はどこかへ避難!後で判ったのだが干拓地の内部へ風よけでその多くが移動していた。

 八代平野はもともと江戸時代から干拓で土地が広がってきた。したがって広大な平野があり、その何処かに珍しい野鳥が来てもなかなか情報は伝わらない。そんな中、自分で
車を移動させながらいろいろな野鳥を観察、撮影に向かった今日はいわゆるビッグデーに相当する当たり日だったようだ。

 まず朝一でメス、もしくは若鳥のハイイロチュウヒと思われる猛禽類が車を追い越して行った。その後チョウゲンボウが2個体。頭の青っぽい個体と茶色の個体。それぞれバッタやオケラのような昆虫、あるいは小さな野ネズミなどを急降下で採餌していた。

 その後クロツラヘラサギ研究で世界的権威、高野茂樹博士と堤防上で偶然遭遇!その後しばらく行動を共にさせて頂いた。
 そうして高野先生の車を追って移動中、広い田んぼの中に黒い大きな野鳥4体を発見!何とナベヅルの親子4羽だった。成鳥2羽+幼鳥2羽。2日前人吉盆地に出現したナベヅルは3羽だったので、別の親子と思われる。

 その親子を撮影している途中目の前の田んぼから15羽以上のタゲリが飛び立つという考えもしなかった大収穫が今日1日の八代市の成果となった。各野鳥の詳細レポートは江戸へ戻ってからじっくりと行いたい。
倉庫の敷地内を飛ぶハイイロチュウヒ、メスもしくはオスの若鳥。

強風で沖合に出たが、水鳥達の逃げまどう姿が凄く猛禽類のすごみを感じた。

頭の青っぽいチョウゲンボウ

超日本的色彩で人気の高いタゲリ

こちらへ向かって来るタゲリ達

広大な八代市の干拓地のナベヅル、遠くの煙突群は八代市の日本製紙の煙突。