2022年10月1日土曜日

団塊世代はこの2週間「写真を含む芸術・アート」に関して集中思考してみた。For the past two weeks, the baby boomer has concentrated on thinking about "art, including photography."

  現在我が国には思いも寄らぬ数の芸術系大学、学部が存在する。

 主なものは美術系と音楽系で、東京藝術大学、金沢美術工芸大学、愛知県立芸術大学、京都市立芸術大学、沖縄県立芸術大学、の五芸大と言われる国公立系。更には東京五美術大と言われる武蔵野美術大、多摩美術大、東京造形大、日本大学芸術学部、女子美大、などを含め65校(部門含む)もが存在する。

 一方で音楽大学は東京藝術大学音楽学部、以下40大学が全国に存在する。

 専門大学ではないが、筆者は横浜国立大学教育学部の美術専攻科出身だ。その前は阿佐ヶ谷美術専門学校に2年間在籍している。なおかつ在籍した大学、定員7名足らずの部署の同期クラスメートは、1969年の入試をゲバゲバのせいで中止した東京教育大学芸術学部を目指していた事も分かっている。

 最近ひょんなことから、いくつかの写真展を観てその展示内容や方法に関して「撮る側と観る側の芸術に関する想いが相当違うのではないか?」という疑問が生じ、主に撮る側(制作者・作家)が普段考えている事をヒヤリングして回った。

 この15日間で逢ったメンバー23名。いずれももはや高齢者の領域に成ってはいるが、れっきとしたそれぞれの領域で現役の作家・芸術家、横文字で言えばアーティストだ。

 横浜国立大学教育学部美術専攻科のクラスメート、卒業生(我が弟も含む)、武蔵野美術大学、多摩美術大学、日本大学芸術学部写真科、愛知県立芸術大学、国立音楽大学、武蔵野音楽大学、の小中学校時代のクラスメートとこの2週間あらゆる方法でコンタクトを取り、会食なりお茶をして色々質問してみた。「芸術・アート、並びに自分の創作活動をどうとらえているか?」中には哲学まで学んだものが2名いて長時間にわたる話し合いが出来た。

 どうせバラバラで、個人個人別々の考え方をしているんだろうなぁ・・と思いきや、ヒアリングを終わってみて、とんでもない間違いを犯している事に気が付いた。

 若かったら思いはまだバラバラなのだろうが、老齢期を迎え、自分自身「会心の力作」を既にモノにしている方が多く、「これから先今まで以上の『会心の作品』が制作・撮影・構成できるとは思わない」という答えばかりだった。

 で、おおむね共通の考え方の一つに「観る側の眼は殆ど気にしない、ならない」だった。何故そうなのか?訊いてみると「当たり前だよ、作る側の意図や苦労をそんな簡単に判られてたまるか?」だった。なおかつ、「自分で創作活動をしない者に等、何を言われても平気だよ。」けなされ様が、くそみそに下手くそと言われても「じゃ、アンタやって見せてごらん?」と言えば全て終わりだから・・・だった。

 根底には、自分で出来ない事を棚に上げて人の作品の評論をするな・・が見え隠れしていた。この辺りは非常に同感だ。相撲を取ったこともないのに大相撲の相撲や勝負を論ずる、映画を作った事もないのに映画評論する。楽器の一つも演奏できないのにオーケストラの出来がいまいちだと言ったりする・・。筆者もこれは嫌いだ。白い眼で見る事にしている。

 それに加えて、「賞を狙うだの、高く売れる」だのニンジンがぶら下がった状態で創作すれば「創造心に嫌らしい欲」が芽生えて、それは作家同士で簡単に見抜けるしね?・・という声があった。

 一度何かの作品で名声を得てしまったり、高く売れてしまったりすると作家は間違いなく「柳の下のどじょう」を狙うだろうし、メディアや画商が似たようなものを要求するからなぁ・・という事だった。ユトリロや藤田やブラックが似たようなタッチでの絵が多い理由もこれなのだろうか?

 それに比べれば、ピカソのピカソたる凄さはそのパターン化しない作風の変化なのだろうか?この件は次回に回そう。

 色々話を聞いてみて自分とは多少違う部分もあったが、例えば写真撮影が面白くて仕方がない筆者が、同じく写真撮影に夢中な人々(プロの方や先輩が圧倒的に多いが)にアドバイスを受けたり、その人々の作品から受ける影響は相当大きなものがある。

 観てくれて、良いねぇこれ!と言われるのも大変うれしいが・・。「そっかー、こういうの好まれるんだ?」で、それ以上には進まない。何せ写真の場合その瞬間は二度と来ないものが多いのだから。

 ジャンルや素材に関わらず絵(版画なども含む)を描いたり、立体造形に励んだり、最近のインスタレーション部門で頑張っている人々とは多少の差はあれども、その制作活動の裏側を想像してしまうので「同志的な空気」を瞬時に感ずるのだ。これは観るだけの側、鑑賞専門の美術愛好家には判らない空気だろうと思う。

 だから、23名すべてに訊いた映画「THE PRICE OF EVERYTHING=邦題『アートのお値段』」に関してどう思ったかの答えは押しなべて全否定的だった。もっとも全員誰一人もれずに観ていた事には感動したが・・。やはり気に成ったらしい。




こういう人たちがオランウータンや象が描いた絵にバカ値を付けたりするのだろうか?

芸術を投機対象にしてしまうブローカーたちやメディア・評論家は嫌いだ。

 感想は「あーなっちゃオシマイよ!」がほとんどだった。半数以上は「メディアがあーやって芸術だのアートを知ったかぶりして変な方向へ持って行くから・・。」と言っていたし、さらには「自分達制作側・作家側は自分がやっている創作活動を芸術だのアートだのの言葉で観ちゃいない」というのが多かった。

 要は「芸術だのアートだの言うのは、自分で創作などしない観る側の人達の括りなんじゃないの?」という事だった。「創っている最中、これがどう評価されるかなんて考えちゃいない。それに値段付けたり順位付けて賞を与えたりする側は自分じゃ何もできないんだろ?観るだけで・・。」とまで言い切ったモノが数名いたには驚いた。

 前々から思ってはいたが、一人が言った事とには非常に納得させられた。

 「創る側が鑑賞する側を意識して制作し、鑑賞する側もそれを判っていて期待して待ち受ける芸術・アートって『映画』くらいなもんじゃないの?」

自分自身でもそう思っていたからだろう、パリの映画美術館へも行っている。

 要は商業ベースで、利益をも上げなきゃいけない映像ビジネスこそ作家Vs観客の次元が一つになるんじゃないかという考え方、納得した。似たようなものに芝居やステージがあるが、演ずる側、作る側と受け手側が同じ次元になる(なった気分には誰でもなれるが・・)のは相当まれな事だろうと思う。

 今の世の中、創作側と鑑賞側の人口比率がどのくらいかというと10対1くらいで鑑賞側の方が圧倒的に多いという日経データ(2000年当時)を見たことがある。

 何でもかんでもスマホで済まそうとする今のZ世代、その前のY世代に比べれば生まれた時からパソコン・携帯端末は存在していたので、その前の世代とのギャップは異常に大きい。スマホ・ネット情報の普及で鑑賞する側の人口比率は現在更に高くなったと言われている。

 ほとんどの人が作る側ではなく、観る側に回ってしまったというのだ。映画やドラマを筆頭に、有名絵画、有名音楽、有名舞台。チケットを取って「鑑賞」する事で己の審美眼を肥やそうと思うのだろか?

 過去において、芸術系の教育を受けたりあるレベルの制作活動を長くやった人間が「鑑賞側」に回り評論するのは的を得ていて、非常に良く判るし解説もじっくり聞く。聞いてて納得する事が多く勉強になるから。

 だが、ずーっと鑑賞だけで来た人間の「評論・評価」は一つの意見としてしか聞かないことにしている、各人バラバラだもの。受け取り方はその人の背景で幾らでも変わってしまう、もう好き嫌いのレベルでしかないと思うから・・。

 話は戻って最近のZ世代その他の次世代の人達・・。

 彼らは現金=キャッシュはあまり持たず、スマホの電子マネーなど当たり前だから、「おつり」という感覚がない。カードなりスマホで支払い定額「ピッ!」だから、1000円払って230円おつり・・という現場経験があまり無いのだ。小学生以下に特に多い。

 今や町中の自販機で缶コーヒー買うのでも列車に乗るにもSUICAやスマホのおサイフケータイでピッ!だもの。芸術・アートへの接し方もスマホ画面でゲームと同じ大きさで全ての歴代の芸術作品に接しているのだ。

 何でもスマホで「うん!それ知っている!」だから、岡本太郎の渋谷駅コンコースに掲げてある作品「明日の神話」もスマホでしか見たことがなく、作品を渋谷の現場で生で見て、腰を抜かした・・という話を良く聞く。

岡本太郎さんの「明日の神話」

 話は少し変わって、筆者がフランス・パリのポンピドゥーセンターを訪れたのは1982年、出来て5年後だった。ウインドサーフィン関係のパリボートショウへ出張で行った際の事。まだインスタレーションなる言葉が世の中に定着し始めの頃で、現代美術の作品と共にその殿堂だというので興味を持ったが、やたら説明を聞かないと何だかわからない現代美術作品群より、まだカンジンスキーやピカソの絵の方が自分の感性に近かったのを覚えている。

ポンピドゥーセンター

パリにこれをよく許したなぁと思った。


45年経った今でもまだ感覚的に新しいという。

 ポンピドゥーセンターで初めて観た一時的なインスタレーションの類は、「こりゃ完全に自己満足の世界だろうよ?無理して理解しろ等ならまっぴら御免だね」の世界だったのを覚えている。

   この項つづく。

2022年9月30日金曜日

東京・多摩川の広大な河原で野鳥の水浴び場に遭遇。 I Encountered wild birds bathing place on the vast riverbed of the Tama River in Tokyo.

  一昨日、近所の野川で久しぶりにカワセミに遭遇。早速採餌場面その他を撮影したが、500㎜ズーム手持ち撮影の感覚が戻らず、画面の端からカワセミが半分消えたカットが多くてショックを受けた。

 で、たまたま昨日武蔵小杉に用事があって、三鷹に帰る途中南武線で多摩川を遡りある駅で降りて最寄りの多摩川河原へ下りてみた。下流部の多摩川には毒針を持つアカエイの種類が遡上するという危険がいっぱいの多摩川。

 立川~狛江附近の中流部の広大な多摩川の河原は、豪雨の際に違法小屋の住民が樹によじ登って助けを待つTVニュースで知っているだけで、実際に現場に行った事は無かった。

 丸子橋付近の読売ジャイアンツの練習場で中学校時代、王、長嶋といったスターを観たときに行ったのが多摩川の河原のほんの少ない記憶だろうか?

 そのほかの記憶と言えばやはり中学校時代、河原の中州で友達3人と2B弾で遊び、不発弾の発火で中州を全焼させたり、固形燃料の手製ロケットに便所虫を入れて東京側から川崎側へ飛ばした時ぐらいだろうか?

ご参考 http://yamasemiweb.blogspot.com/2014/03/blog-post_24.html

 まだ真夏の多摩川河原は完全なジャングル。うかつに足を踏み入れるとマムシその他毒虫などでえらい目にあう事は熊本・人吉の球磨川河原でさんざん経験しているので、それらしき獣道的な草の切れ目を本流に向かって恐る恐る入って行った。

 すると、やたら野鳥のざわつく声がする一角があった。ヒヨドリ、ガビチョウ、複数のカワセミの鳴き声が聴こえた。そーっと近づくと、堤防土手からの切れ込み水路があり、木々が生い茂った下部の流れの浅瀬でやたらと野鳥が水浴びをしているのを発見!

 もうまるで野鳥集会所といった感じで色々な野鳥が入れ替わり立ち代り水浴びをしていた。もうNHKのダーウィンが来た!の映像の様だった。あの多摩川トライアングルのようなタヌキやカワウソの居るような環境ではないにしろ、多摩川の自然を感じた場所だった。

 地元の人の教わったわけでもなく、偶然行き当たりばったりで「予想と勘」だけでこういう場所に遭遇できるのが。アウトドア探検の喜びだと感じた次第。

 気温が少し落ち着いたので長パンを穿いていて正解だった、短パンだったらメチャクチャ虫に食われっぱなしだったろう。約40分間その場を動かず色々撮影したら、野鳥たちの鳴き声が止んだのでその場を後にした。

 今日はそのほんの一部をご紹介。カワセミは結構沢山撮れた。

広大な河原を本流に向かって歩きやすい場所を進んだ。

周りは背の丈より高い藪

かって横国大時代宮脇先生に習った、いわゆるマウント層の草木地帯。

最初に居たのはうるさいヒヨドリ、左は幼鳥の様に見えた。

ガビチョウも顔を出した。

ヒヨドリが水浴びする向こうにカワセミ!

周りの騒々しさに背を向けるカワセミ。

枯れ枝に片足をかけたりしてポーズしてくれた。

おもむろに木の茂みに飛びあがり

普段見慣れた三鷹の住宅街を流れる野川のカワセミとは全然違う気がした。

なんと!こんなに小魚がいるとは夢にも思わなかった。多摩川ジャングルは凄い!

2022年9月29日木曜日

団塊世代はパリでも結構写真を撮っているのだ、まずは1986年バージョン。後編。 The baby boomers are taking quite a few pictures in Paris, so let's start with the 1986 version. Vol.2

  今日は昨日のパリの36年前画像。仕事で出張した際のモノの後半。

 日本の老舗女性アパレルブランド企業の新しいブランド・スタートのブローシャー作成でパリの街中を数日ロケ。その後プロのカメラマンが撮影。こちらはロケ・ガイドと撮影現場を遠巻きに管理しながら、30m程離れた遠くから撮影現場を撮影して撮影の練習。それ以外もパリの町中を色々徘徊して撮影。

 広告宣伝用のスタジオ撮影と全然違って、周囲の状況で刻々と条件が変化し、状態は常に変わるという「その場合わせ」の屋外ロケ経験を色々させてもらった。これは雑誌ポパイや雑誌オリーブ、ターザン、あるいはBE-PAL等の海外ロケに参加した経験が非常に役に立った。

 高緯度のパリは夏は昼がやたら長く、逆に冬は朝9時でも暗く感ずる。ヨーロッパ文化と日本文化の差を嫌という程実地体験した。

 撮影はフィルム30本以上したと思う。

 メディアは高価なフィルムの時代だし、プライベートで撮った写真の費用は原価には入れられないし(この辺りがくそ真面目過ぎたという気もするが)、結構自己負担の費用が掛かったのを記憶している。しかし自費でパリなどそう簡単には行けない、出張というものは自分の撮影修練にまたとない機会を与えてくれた。

 この出張の際は陽の長い夏の撮影だったので、朝から晩まで結構ハードなスケジュールで撮影したのを覚えている。時にはアパレル、ファッション界の夜の世界にお付き合いせざるを得なかったが、お酒を一滴も飲めない筆者は何かと理由を付けてお断りした。

 華やかなパーティ会場から、「体調が悪い」と言いながら、ホテルに戻るのに2時間以上も遠回りして街中をしっかり撮影しながら帰ったこともあった。

これがパリの雰囲気。大通りじゃなくて路地裏のジモティ用のカフェ。

京都の錦小路や小倉の旦過市場って感じ?

パリにも猫は居ます。猫に注目したのは岩合さんより先だったかも、窓際の猫!

ここまで来るのにレストランに入って1時間準備!

花のパリでも街中でファッション撮影ともなると、見物人の山。

36年前のパリ画像 おわり。

2022年9月28日水曜日

団塊世代はパリでも結構写真を撮っているのだ、まずは1986年バージョン。 The baby boomers are taking quite a few pictures in Paris, so let's start with the 1986 version.

  幾度も繰り返すが、10年目を驀進中のこのブログ、本来はヤマセミを中心とした野鳥の生態をレポートするサイトだ。過去3,459回更新し、766,024回のアクセスを頂いている。

 普段ウイークデーは熊本県人吉市を流れる球磨川、その上流支流の川辺川で11年間にわたり観察を続けたヤマセミの生態観察画像、筆者が住んでいる東京郊外三鷹市を流れる野川流域や近隣住宅街の野鳥生態をご紹介している。

 で、週末はこのブログを普段見て頂いている野鳥ファンが、ご自分でフィールドに出て野鳥撮影をしたりバードウオッチングをされるので、「団塊世代の愚痴話」をアップしているというのが実情だ。

 しかし何故か、最近はその団塊世代の愚痴話、よもやま話へのアクセスが多くて妙な感じだ。つい最近も「メメント モリと写真」という東京都写真美術館での写真展にまつわる話でアクセスが急増、Google Bloggerのランキングの上位4位までを「団塊世代話」が独占した。 

 第1位に成ったのはこのランキングをクリップした前日アップしたブログだ。当ブログは本来野鳥ブログなのに良いんだろうか、これで?10年経つと色々変わるのは良く判るが・・。

 えーい、どうせならと野鳥が一番少ない夏の終わり、「懐かしい写真撮影」を想い出しながらフィルム時代の写真を色々ひも解いてご紹介してみようと思う。数は少ない。

 筆者は広告代理店プロデューサーという過去の職業上の理由で、海外への出張は割に多い方だと思う。勿論商社の方々とは比べ物にならないが、経理・人事・営業といった根のある職種ではないため、仕事のジャンルによっては相当長期の海外滞在も多かった。

 今回の画像はそんな中で、日本のファッションメーカー(レディス)が新しくデビューさせるブランドのブローシャー、要はカタログ製作の撮影。同時にパリコレのファッションショウ実施で渡仏した際の画像。まずは今から36年前当時のパリの街の佇まい。

 パリへは1972年、1982年、1986年(2回)、1994年、1995年、1999年、2005年、2011年、2012年と行っているが、今日のは古いほうから三番目の時の物。カメラはCanon FTbだったと思う。

1986年のパリ・リヨン駅と当時のTGV初期型。JR九州在来線旧特急ツバメの原型。

リヨン駅のカフェ。

リヨン駅のカフェ 上のカットのテラスから撮影。

サクレクール寺院をこういったアングルで撮ったことはあまりなかった。

 気に成って何処から撮ったのかGoogle Mapで調べたら、パリ・シャペル60からシャルトル通り越しの一瞬のシャッターチャンスで撮影している事が判った。きっと渋滞中のバスの中から撮影出来たのだろう。



撮影の合間にランチしたレストラン。 この回続く。

2022年9月27日火曜日

コンデジで飛び回る二頭のアゲハ蝶を撮ってみた、スマホで出来るかな? I took a picture of two swallowtail butterflies flying around with a compact digital camera, can you do it with a smartphone?

  スマホのカメラ機能がどんどん充実し価格帯も急上昇しているようだ。iPhoneに至っては並みのデスクトップパソコンより高額な機種が出ているという。

 21世紀に入り、どんどん人類が機械に振り回され、スマホに頼り過ぎる人間がスマホ脳などと言われる「消費脳、選択脳」ばかり発達し、脳の総合力低下が始まり認知症・ボケへの加速が早まっていると聞いた。

 今日はスマホ脳の話は置いておいて、いつも持ち歩くコンデジで二頭のアゲハ蝶がもつれ合う様に飛んでいる所を連写してみた結果をご紹介。

 スマホさえあれば、もう大きなカメラやコンデジに至るまで不要だと豪語する者が多く出てきたと聞くが、果たしてそうだろうか?

 そういう方々はカメラを使って色々な被写体を撮ったことがおありなのだろうか?インスタ映えするからと似たような単焦点カメラの様な画像以外に・・・。

 もしスマホでもこういった類の画像が撮れるのであれば是非やって見て欲しい。コンデジ使いは是非スマホ使いに挑戦してみたい!

 今回使用機種はCanonのSX740 HS 4K連写機能使用。バス停で、ちょっとバスを待つ間のチョウチョ撮影!






是非ともカメラメーカーは耐久性に優れた機能充実のコンデジを出して欲しい!

2022年9月26日月曜日

夏の終わりの野川流域レポート。その1. Nogawa basin report at the end of summer. Part 1.

  昨日、荻窪界隈を徘徊していたら住宅街からツクツクホウシの鳴き声が!その後目黒方面へ行ったら自然教育園からミンミン、アブラ、ツクツクとまだ三種類のセミが合唱していた。

 今年の夏は長い!まだ半袖短パンで70歳代が街中を歩き回れる。昆虫や野鳥はまだ夏の名残りで生き延びているが、植物は例年通りきちんと変化を出してきている。一番如実なのが彼岸花=曼殊沙華、それに葛の花。萩や山椒の実、秋海棠、ムラサキシキブなども季節通りに変化しているのは本当に不思議だ。

 今年の夏も、このブログで数回レポートした通りセミを手で摑まえる事が出来た。計20匹ほど手掴みできたがさすがに今は遠くで声はすれども姿は見えない。

 一方で赤とんぼが高地から降りてきているので、川筋などで手掴みできるようになった。相変わらず、ギンヤンマその他は活発に動き回って繁殖行動しているのもこのブログでご紹介したとおりだ。

 今日はそんな自然の移ろいを野川流域で探したものをご紹介。まずは昆虫編

曼殊沙華にカラスアゲハ

空飛ぶタマムシ

よく見ないとタマムシだとは気が付かない。

シオカラトンボ

麦わらトンボ

ギンヤンマ、オス

ハグロトンボ

アキアカネ

2022年9月25日日曜日

団塊世代は観察中のヤマセミに教わることが非常に多い。 Boomers have a great deal to learn from the crested kingfisher they are observing.

  あれだけ事前の注意喚起がメディアから発せられた超大型の台風14号より、規格上最低ギリギリ台風=実質熱低だったはずの台風15号。被害と死者数を見比べるとほぼ熱低の15号の方が大きい様だ。結局風の被害より豪雨被害の方が日本の地形上ダメージが大きい様だ。

 今後への教訓に成っただろうか?都心を流れる目黒川が氾濫危険水位まで達するという事は結構プレッシャーが掛かったのではないだろうか?コンクリートジャングルの都会は低い方へ流れる水が行き先を失うって事だろう。

 日曜日は団塊世代のボヤキ特集がいつもの事だが、先週色々その手が多かったので今日は久しぶりにヤマセミの生態。ヤマセミから団塊世代が教わったのは「失敗にめげず何度も繰り返せ!」同じようなドジを同じ場所で繰り返す若鳥。そのうちドジは無くなった、いわゆる学習能力って奴だろうか?今の若者に掛けているのではないだろうかと思う団塊爺だった。

 今日の画像の解説・・。

 人吉近郊の球磨川支流の堰で採餌中、獲物を狙っている時強い水流に思わず足を取られ、バランスを崩したヤマセミ。飛んで元の場所へ戻って採餌を続けた。幾度も似たようなことを繰り返したが、そのうちしなくなった。

堰の上から魚を狙うヤマセミ、メスの若鳥のようだ。

つい獲物に集中しすぎて右足を踏み外した!

バランスを失って前へつんのめるヤマセミ。

仕方がないので飛ぶ・・・。

飛んで元の場所へ。

無事ランディング。

テメー、見てんじゃないよ!・・と言われた様な気がした。