2022年12月7日水曜日

東京で一番遅い紅葉の名所、新宿御苑で紅葉と野鳥。 Autumn foliage and wild birds at Shinjuku Gyoen, the late autumn foliage spot in Tokyo.

  日本の今回ワールドカップ・サッカーが終わった。日本のサッカーの世界の中での立ち位置が大きく変わり、日本が世界に認められた瞬間だったと思う。

  今朝の読売新聞のこの記事が概ね全体総括を伝えているように思う。ネット記事や過去の出場経験者その他SNSの論調を見ても似たものが多かった。一部を除いては・・。

 今朝のスペイン・モロッコ戦の決着を見ただろうか?日本・クロアチア戦同様PK合戦になり、あのスペインが3発失敗で日本同様モロッコに負けた。決して日本のPK戦に関して未熟だの準備不十分ではない証拠だろうと思う。日本代表を情けないと吠えた評論者はこれをどう説明する?元日本代表だった城彰二はこういっていたが・・。

普通は無いといった翌日スペインが同じ事をやった、如何にいい加減なコメントか?

 もう当の昔にに忘れていた 城だの、北澤だのがああだこうだコメントしているが、一切がっさい的外れだし、サッカーをよく知らない人はこれらを真に受けてはいけない。

 ネットメディアで解説していた本田などは、観ている者を楽しませる関西人独特の芸人サービスそのもの、いわば渋谷のスポーツバーで騒いだ後スクランブル交差点でわいわい騒ぐ連中に受ける「ノリ」なのだろう。PCで中継見ながら筆者的には音声は消して観た。

 大体、本田が中心で臨んだ前々回ブラジル大会は予選リーグで2敗1引き分けで敗退しているではないか?

 二流の元サッカー選手ほどメディアに出て何だかんだと戦っている日本チームを非難したりコメントしたがるのは、セルジオ越後を見ていてよくお分かりだろう?

 かって、海外サッカー王国(とくにイタリア・ドイツ・英国)の一流チームで活躍し凄かった選手はコメントしないのだ。中田英寿、三浦知良、奥寺康彦しかり。何故か?それは今の日本代表のやっているサッカーはいまだかって無かったレベルだからだ。認めているからだろう?日本の頑張りと成長を。

 試合が終わって、相手チームの選手(当然外人)と抱き合う、慰めあうなんてことが今までのワールドカップであったろうか?それだけ普段異国のチーム(ドイツや英国・スペインなど)で外人たちと一緒にサッカーをやっている日本人選手が増えたという事ではないか?

 普段のチームメートと敵味方に分かれて戦えばこそ、こういう場面が出てくるのだろう。

 今回の中心メンバー吉田麻也、堂安律、久保健久、三苫薫、いずれも現地カタールで海外メディアにそれぞれ流暢な英語やスペイン語で対応している。今までのワールドカップでこんな事あったろうか?時代はまさに変わったのだ。

https://www.youtube.com/watch?v=6eDHeDu1xNI 

いずれ、すべての試合が終わってから1回だけ団塊爺から見た今回の大会レポートをしたい。


 で、今日は首都圏東京で一番紅葉が遅い新宿御苑で徘徊撮影した紅葉と、そのもとでの野鳥のコラボレーション画像をご紹介したい。

雨が上がった直後だったので、新宿御苑は貸し切り状態だった。

あと2~3日で葉が全部落ちそう。

落ちた紅葉の色があせる前に行くことをお勧めしたい。


メタセコイヤも赤くなってきた。





雨上がりで水鳥中心だが・・・。

2022年12月6日火曜日

ヤマセミの新写真集に使用する候補画像の一部。その4.営巣中カラスに追われる。 Some of the candidate images to be used in the new photobook of the Crested kingfisher. Part 4. Chased by crows during nesting.

  今回編纂中の「ヤマセミの繁殖観察記録」の写真集は繁殖行動中幾度か天敵に追われる場面が出てくる。巣へ餌を持ち帰る為の採餌直後に咥えた獲物をトビに横取りされそうになったり、営巣中の巣の周りで様子をうかがうカラスに追われたり・・といろいろな場面に遭遇・撮影、画像収録している。

 今日の画像は2018年、営巣中のヤマセミを巣のそばでカラスが威嚇追いかけをしている場面。

 既に巣立ち直前のヒナが巣穴にいる状態で、カラスが巣立ち直前のヒナを襲おうと巣穴の周りを徘徊することが多いが、その一連の流れの中の事象。

突然茂みから現れ、低空でチェイスする2羽を追尾撮影。

河川の上ではないのでヤマセミも水遁の術を使えない。


この後のカットもあるが、背景の関係で見難くなっていく。

実はこうなるには前日、前々日に伏線があったのだ、それはまた後日ご紹介。

2022年12月5日月曜日

寒くなると西日本で出遭える、変わった顔したツリスガラ。 The European Penduline Tit with funny face can be found in western Japan when it gets cold.

  昨日の朝、三鷹ではこの冬初めて霜が降りた。寒くなったので毎年恒例の干し柿づくりに入った。まず第1弾の熊本県豊野の大玉55個を剥いて煮沸(カビ除け熱湯消毒)してベランダに干した。20日ほどで完成するはずだ。第2弾は2~3日置いてやはり50個ほど作業する予定。

 今年は夏が暑かったせいか、柿の実が皆大きめだという。

 剥いて干し終わってFacebookに投稿したら、なんと2年前の全く同じ12月4日にやはり柿を剥いて干していた、季節の節目の日だったらしい。

 そういった季節の変わり目がきちんと来て冬になるとともに現れる野鳥の一つにツリスガラが居る。

 筆者は熊本へ行った際にさる大先輩からその存在を教わった。関東ではまずお目にかかれない西日本の冬の野鳥の様だ。

 オス・メスの見分けは過眼線が濃いか薄いか、モズと一緒だ。濃くて頭部が灰色な方がオス。薄い方がメス、分かりやすい。

 オオジュリンなどと同じで葦の枯れ茎に居るカイガラムシなどを葦を割って食べる。したがって葦の枯れ原へ行ってパキパキ音がしたら、オオジュリンかこのツリスガラが居るとみていい。

 ただ、このツリスガラ、上のくちばしの付け根が奇妙なシステムになっているように見える。どこかに解説は無いだろうか?撮影した画像を見る限り複雑なシステムの様だ。

ツリスガラのオスは過眼線が真っ黒で太い。

葦の茎を割って中の虫を食べる。


メスは過眼線が薄い色をしている。



こういった感じで群れてパキパキ葦を割るので発見しやすい。

飛ぶ際は群れで飛ぶ。ニュウナイスズメなどとも混成しそうだが遭遇した事はない。

2022年12月4日日曜日

団塊世代はサッカーの世界が今大きく変わったのを知った。 The baby boomer generation knew that the world of soccer had changed greatly now.

  日本チームがヨーロッパの超強豪ドイツとスペインに逆転で勝ったワールドカップ・カタール大会。

 単に勝った負けた、予選を突破した!とスポーツバーで騒ぎ、東京渋谷のスクランブル交差点に繰り出しワイワイやる「サッカーから騒ぎ」する連中。またそれを「盛り上がっている」と針小棒大に報道するメディア・・・。

 単にメディア報道を一般的に見ると、今までのワールドカップとそれほど違わない感じがするだろう。スポーツそのものにあまり興味が無い人、サッカーは好きだし詳しいが、見るだけで過去に自分でやったことが無い人においては特にそうだろうと思う。

 しかし、筆者は今回のカタール大会はサッカーの世界が大きく変わった大会と認識している。連日予選リーグを見てそれが終了しベスト16か国が決まった今、確信に近いものを持ち始めている。

 ① あのワールドカップ常連国イタリアが大会そのものに出場できなかった。

 ② 予選リーグで3戦全勝した国が一か所もなかった。

 ③ ヨーロッパの強豪ドイツ、ベルギー、南米の強豪ウルグアイが予選で敗退した。

 ④ FIFAランキングで相当下位チームが優勝経験あるチームを破る下克上が続出。

 ⑤ VARにより、「疑惑の勝ち負け」が無くなった。

 ⑥ 女性審判員(主審含む)で試合が運用され始めた。

 ・・・、これらは一体なぜこうなっているのだろう?

 筆者は大会が始まってしばらくして、日本がドイツに逆転勝ちした瞬間それのヒントが頭に浮かび色々調べ始めた。「日本は何故ドイツに勝ったのか?」

 答えはすぐにわかった。ドイツに日本が勝った日のFacebookに筆者自身書いている。


サッカーをやったことがある人もない人も、今朝は日本人全員がサッカー評論家に成っていることだろう。

 筆者は大学時代4年間サッカーボールは蹴っていたが、この先はあくまで今のサッカーは当時とは全く別のスポーツだろうと思っている私の個人的見解・・・・。
 10年以上前に活躍していた元プロ選手や監督がドイツ戦直前にメディアで盛んに「予想」をしていたが、あくまで「予想」ではなく、単なる「期待」だったことは周知のとおりだ。
 三苫が凄い、鎌田が凄い…など個人への期待もあるだろうが、私思うに奥寺に始まり、三浦、中田、長谷部などヨーロッパへ武者修行に行き始めた日本人の努力が今やっと実を結んだのだと思う。あの奥寺が西ドイツ1FCケルンへ渡ったのは1977年だ。プロ野球の野茂英雄がドジャースへ移籍した1995年より15年以上も前の事なのだ。

 現在ヨーロッパで戦っている日本人選手は60名もいる。ドイツ・ブンデスリーガでは何と10名も戦っている。これが今回の勝因につながっていると解説したサッカー関係者はまだ居ない。(注:11月24日時点)
 私は特に対ドイツ戦においてこれが大きな効果を上げたのだろうと察する。

 まず、ドイツリーグの日本人選手たちはドイツ流のサッカー戦術、ピッチでの鉄則、常識、周りを囲まれた時の癖、を身をもって毎日体験している事。次に普段の練習の中からドイツ語(もしくは英語)をある程度理解出来ているので、試合中敵の選手の動きを会話の中から読めただろう。
 このあたりの効果に注目するメディアはまだない。当のサッカー関係者たちもこの効果の大きさには気が付いていないのではないかと思う。
 同時にこの記事の様に森保監督の思い切った作戦切り替えが敵の守備の乱れとマーク混乱とを引き起こした・・・と後半を観ながら思った。これなどもドイツブンデスリーガで活躍する選手たちからの情報を信じた森保監督の人柄と知恵だろうと思う。
 いわば日本はドイツ戦に勝つためにブンデスリーガにスパイを数年掛けて送ったという事だろう。そういう意味からはドイツ戦攻略の戦略は時間をかけて成功したのだろうと思う。
 次回以降、コスタリカ(0)やスペイン(3)で戦う程度の日本人情報がどれだけ作戦面で生きてくるか?楽しみだ。
 メディアも渋谷のスクランブルやスポーツバーで盛り上がって騒ぐだけのバカやその混乱状況ばかりを報道せず「本筋」を分析報道してほしい。
 しかし、2点目浅野のシュートを防げなかったノイヤーの動きは一体どうした事だろう?名手ノイヤーをスピードと気力で破壊した浅野の力なのか?これでノイヤーはショックのあまり引退してしまうのではないだろうか?ちょっと心配。」

‥‥これがドイツに勝った翌日の筆者のFacebook投稿だ。

 名手ノイヤーの心配までするほどドイツチームが落ち込んでいる様子がSNSなどで痛いほど分かった。この辺りも昔は無かったことだ。

 昔と言えば、1969年~1972年の4年間横浜国大・体育会サッカー部で連日ボールを蹴っていた。神奈川県知事杯優勝、関東甲信越大会優勝、1971年和歌山国体神奈川県代表権獲得などある程度はレベルの高い(あくまで当時)世界での経験があった。横浜は外人たちのクラブも多くYCACやMisson Seamen's clubなど外国チームとも結構試合をやった。

 東京12チャンネルの三菱ダイアモンドサッカー全盛期で、英国のサッカー(現在のプレミアリーグ)を狂ったように見て学んだ頃だ。ジョージ・ベスト、マーチン・チバース、ジョフリー・ハースト、ボビー・チャールトン、ボビー・ムーアなど英国選手にあこがれた時代。

 サッカーの基本が3B(ボディー・バランス、ボール・コントロール、ブレイン(脳)と言われた西独クラマーさんのサッカー教育時代から、3S(スピード、スタミナ、センス)に替わり始めた頃だった。

 ちょうど大学3年の終わりころ、英国へ短期留学しロンドンで生のサッカーの試合を4試合も観たが、あまりの日本との差に腰を抜かしたものだった、そのレベルの高さも応援文化も。
 まだ黒人の選手が一人しかいなかった頃の話。
1階席は全員立ち見と知ったのも驚きだった。

チケットは当日も買えた。

賭けの予想屋が沢山いるのにもびっくりした。いずれも1972年Canon FTbで撮影。

 その時代から、ストライカーの得点力(ジョージ・ベスト、ゲルト・ミューラーなど)に頼る従来形からヨハン・クライフ率いるオランダの全員動き回るスタイルに変わり、またスーパースター(マラドーナ、リバウド、ロナウジーニョ、クリスチャン・ロナウド、メッシなど)に頼るスタイルに戻った。

 しかし今回、そういったスーパースターに頼るスタイルから作戦で勝つスタイルに変わりつつある。よくサッカー解説で「戦術」という言葉が使われるが、クラウゼビッツの「戦争論」から派生した「戦略・戦術・作戦」という用語でいえば、サッカーの戦術はあくまで作戦という用語に近いとみている。基本的に戦術とはどういった兵器を使うか?という意味で使うのが本来の使い方だろうと思う。

 今回の日本の森保監督のように、前半ある程度の動きで相手を慣れさせ、後半スピードと突破力のあるメンバーを投入し、敵のマークと動きをかく乱させるのは作戦であって戦術ではない。

 戦術というのはフォワードとミッドフィルダー全員を190㎝以上の長身選手でそろえるとか、全員100m11秒台の選手で戦うとかの物理的優位に立つメンバーで行くことを指すはずだ。

 笑われるかもしれないが、さらにはルールに抵触するかもしれないが、日本チーム全員が前田大然選手の様なスキンヘッドにして、背番号を見なければ誰が誰だか分からなくするとか、ユニフォームを亀甲柄のサッカーボールの水玉模様にして目をくらませるなども戦術という事になるはずだ。


 ベスト16の戦いは負ければおしまいのトーナメントだけにこれからは実力差というより時の運。  相手との相性があるから、日本はドイツやスペインに勝ったような感動は得られないかもしれない。あくまで勝ち負けの喜びだけだろう。
 しかし日本のサッカーのレベルがやっと世界と肩を並べられた意味で今回のワールドカップは既に大成功だと思うが如何だろう?

2022年12月3日土曜日

ヤマセミの新写真集に使用する候補画像の一部。その3.餌を咥えて高速で飛ぶ。 Part of the candidate images used for the crested kingfisher's new photo book. Part 3. Flying at high speed with the bait.

  本当は週末は「団塊世代の愚痴こぼし」シリーズで、今回はサッカーワールドカップ「から騒」ぎに関する団塊世代の思いを…と思っていたが、「から騒ぎ」ではなくなっているので、詳しく状況を見て、いろいろな報道を真剣に精査してまとめてみることにした。

 したがって今朝はレギュラーの野鳥・ヤマセミの内容に急遽差し替え!

 新しい「ヤマセミの繁殖記録」写真集に使用する候補画像をやっとほぼ選別し終わったが、まだまだ選び損ねている繁殖に関して忘れてはいけない生態・証拠画像が次々に想い出されている。年内いっぱい、あと1か月は毎日寝床で悩むことだろう。

 今日の画像は流し撮りに近い画像が多い。

 理由は撮影日が小雨で暗かったため高速でシャッターが切れず仕方がないのと、餌を咥えたり、採餌に向かう親鳥のスピード感を捉えたかったため。しかし、普通はめったに出遭えない希少野鳥を流し撮りでとチャレンジできるのも大変幸せなことだと思っている。 

何故画像のすべてが同じようなアングルになるかというと・・。

すべてヤマセミの巣穴と採餌場所の河川の間に置いた車の中から迷彩ネット越しに

通過する瞬間を数カットだけ手持ちで撮影できるという困難な条件なので

似たような画像が多いのだ。車内に座って手持ちで追い写している。

大体採餌場所~巣穴間は毎回似たようなコースを飛ぶ

毎日同じ場所で採餌するので集まる魚も同じ、咥え方も毎回同じだ。

2022年12月2日金曜日

昨日のオオタカが活発だった理由、それはカラス! The reason why the Northern goshawk were so active yesterday was because of the crows!

  ちょうど今、ヤマセミの繁殖記録 写真集を編纂していると幾度も説明申し上げてきたが、まさに繁殖期にヤマセミの幼鳥を襲う2大天敵アオダイショウとカラスとの関係を証明する貴重な記録画像を整理しているところなのだ。

 一昨日野川で撮影したオオタカのいつもと違うアクションは、まさにこのカラスたちに囲まれてプッツンして切れた結果だったのだ。ひょっとするとカラスの一羽を襲ったかもしれない。直前のボケカットはただでは済まなかったことを充分表している。

4羽のカラスに囲まれているオオタカ。この4羽への威嚇が昨日のアクション

突然オオタカが動いた、同時にカラスが慌てた!

一瞬サッカーのオーバーヘッドキックみたいにも見えるオオタカ

猛禽類の殺気はカラスにも瞬時に判るらしい。





猛禽類のスピードは普通の野鳥とは比較にんならないほど速い!

手前の木の葉に隠れてしまうが追う者と追われる者の差が詰まるのは判る。


数羽いたカラスのどれか一羽がやられた可能性は非常に高い。

2022年12月1日木曜日

いつになくアクティブでいろいろなシーンを提供してくれた三鷹のオオタカ。 The Northern goshawk in Mitaka, which was unusually active and provided various scenes.

  低気圧の寒冷前線が通過した今日の三鷹市。午後3時ころから雲が厚く相当に暗い午後だったが、野川を巡回して,いつものオオタカに出遭えた。

 いつもは夕陽を浴びておもむろにくつろぐオオタカなのだが、今日は滅法落ち着きがなく、いろいろ珍しくポーズをとってくれた。理由は後で判明した。

 とりあえず今朝はいつになくアクティブなオオタカをご紹介。

今日はフルサイズ+70-300㎜ズームなのでこれが限界。



どこかの置物の様なポーズ。





まるでサッカーのゴール前、オーバーヘッドシュート直前のスタイル?