2018年11月21日水曜日

長野県北部でカケスに接近遭遇! I encountered Eurasian jay at Northern Nagano.

 久しぶりにここ暫く、このブログへの海外からのアクセスが日本国内からより多くなっている。先週は日本国内アクセス986件に対し海外1209件(上位9ヵ国の合計)。
スペイン以下にも二十数か国のデータがあるが、これを集計するとこのブログへのアクセスは海外が60%以上という事になりそうだ。

 この理由は以前から自分でも首をかしげて来ていたのだが、たった一行の英語表記、それもGoogle翻訳で自動変換しただけのつたない英語でも、ブログを観る方が野鳥ファンらしいので野鳥画像が主な内容なので充分通じているのだろう。
 いわば昔の西部劇映画に出て来るアメリカ大陸先住民の英語「陽昇る、助け来ない、お前死ぬ!」みたいな片言英語に違いないのだが、この世界のこの手のブログでは充分なのだ。

 この翻訳ソフトでの変換表示に「いちいち偉そうに、英語が得意な人種独特の上から目線で間違い指摘をする御仁がいるらしい・・」と先日憤慨した友達から教わった。しかしこのブログのcontact usからずいぶん色々なメールを頂いているが、別に海外からのメールにも、国内からのメールにもそれらしい指摘が無い。
 筆者は外出時は軽い1kg以下の13インチ・ラップトップをデイパックで背負うし、自宅ではマルチ2画面のデスクトップPCなので、音声通話とショートメールだけをガラ系端末で行い、機能が重複する端末スマホは使わない。従ってTwitterは殆ど覗かない。

 友達の話では、その投稿者さんは多分ブログ更新を拡散通知している筆者のTwitter告知を見るだけで、ブログ本体は見ないで、指摘をするのだろうとの事だった。

 残念ながら筆者の場合Twitterはブログを更新しましたという告知専用の為打ちっぱなしで、その反応などは常連さん以外一切チェックしていなかったので気が付かなかった。例えその手の投稿に気付いても「別にぃ?」という沢尻エリカ様風の対応だろうと思う。
 大体の内容と本質が伝われば、投稿者としては充分だと思っている。それが証拠につたない英語翻訳で内容が伝わっていないのであれば、海外からのアクセスの方が日本国内からより多いなどという事は有り得まい?

 しかし、ご指摘をして下さった英語堪能者の方、変な英語は自動翻訳ソフトで変換しているくらい判りそうなものだが、その辺りが判らないという事は実はパソコンを使えないか、本当は日常英語が堪能ではないのかも?あるいは文法ガチガチに育った昔の学校の英語の先生だったのかと推察している・・・。
 筆者としては英語の言い回しなどより、野鳥の名前を間違えていたり、オスとメスの間違いを指摘してほしいと思っているのだが如何だろう。

 英語表記の面白話はさておき、今日は昨日の続きで長野北部のカケス!

ひょいと顔を出したカケス。

だんだんこちらへ向かって来た。

綺麗な個体だった。

北海道にいるミヤマカケスにはこの頭の模様が無い。こうしてみると非常に面白い頭の模様だ。まるで二次元バーコード、ピッとやったら「カケス」とか出たりして。

カケスはカラスの仲間なのだが綺麗に見えるから不思議。

警戒心の強いカケスに此処まで接近するのは非常に難しい。

2018年11月20日火曜日

秋たけなわの長野県北部・野鳥レポート。 This is the wild-birds report from northern Nagano pref.in autumn.

 二日前、11月18日(日)に引き続き、長野県北部の秋の野鳥レポートをお届け。昨日は札幌の降雪が128年前の1890年(明治23年)と並んで、札幌では観測史上最も遅い日の初雪観測となった今年の異常気象だが、直ぐにメディアは地球温暖化に結び付けるのだろうが、それはは早計だ。

 メディアは「地球温暖化ありき」で、すべての自然現象をその一例、証拠化して報道しがちだがあまりに単純で短絡的だと思っている。この件はまた別に精査・報告したい。

 北部長野の紅葉の素晴らしさと、里山崩壊によりクマ、イノシシ、シカなどの生物が里に出て来る状況レポートに続き、このブログの主人公「野鳥」の登場だ。エリア的には飯山からさらに北部、野尻湖周辺も含まれている。 

紅葉にコゲラ、日本画の世界だ。


陽が出て、日陰に入ったのだが勿論偶然だろう?


珍しく、二ホンリスか?

冬鳥、カンムリカイツブリが居た。

こちらも長野辺りが南限か、ホオジロガモ若鳥。

セグロセキレイは餌を咥えて鳴き回っていた。

2018年11月19日月曜日

団塊世代は佐藤秀明さんの写真展「Lonesome Cowboy」展でまた多くを学んだ。The baby-boom generation learned again at Hideaki Sato's photo exhibition "Lonesome Cowboy".

 佐藤秀明さんと言えば、その守備範囲の広さで常にファンを驚かせ続けてきた稀有な存在の写真家だ。ニューヨークの摩天楼、ユーコン河など大河の自然、そうして一番ファンを虜にしたサーフィンを中心にしたハワイの佇まい。

 その彼がアメリカ大陸を永年にわたり幾度となく旅をして、日本人の知らないアメリカの佇まいを沢山収録してきたことを知っている人はあまりいなかったように思う。
 その彼なりの素晴らしい感覚で切り取った数多くの作品のほんの一部を公開した写真展「Lonesome Cowboy」が今新宿で行われている、11月26日まで。

 今日はその写真展の会場、新宿リコー・イメージング・スクエアで行われた会期中たった一度のギャラリー・トークの日だった。
 個人的にも1970年代から長い事尊敬してきた写真家さんなので、昨日午前中会場が開くと同時に写真展を訪問。幸運にも朝一から会場に来られた佐藤さんに、直接一つ一つの作品にまつわるお話と、撮影に至るプロセスと苦労話を伺うことができた。

 筆者がこの佐藤さんを尊敬し続けている理由の一つに、その守備範囲の広さがあることは既報の通りだ。恐ろしい程いろいろなジャンルに作品を残し続けている。今日のギャラリートークの中にも出ていたが、1940~50年代の古いアメ車を撮りまくった時代の作品が捨てるほど在ると仰っていた。
 そんなもん捨てられてたまるか!是非それだけの写真集を出してほしいものだ。本当の車好きには涙モノだろう。

 もう一つ尊敬に値するのが、その行動力と実行力だ。能書きを言ったり、持論を声高に述べる写真家さんが多い中で、寡黙ながらどんどん実務をこなし着実にすごい量の作品を積み重ねていくバイタリティに呆れつつも学ぶ所多い方と思っている。

 佐藤さんは普段は一緒に写真に納まってもなかなか笑わない。一人でのアメリカ撮影行中は一度も笑わなかったのではないだろうかとも思ったりした。100㎞四方、周りに日本人が一人もいない環境下でも平気でシャッターを切る生活がそういう習慣にさせたのか、若い時分余りに笑いすぎて、一生に笑う分をもう使い果たしたのか知らないが・・・。

 特に今回の撮影行で、30年も昔に行った場所を再び訪れた作品群はセンチメンタルジャーニーとは違う「あん時のあの場所は今どーなってるかな?」的な興味津々がエネルギーになっているのではないだろうかと推察している。これって若者のそれと全く同じだろう?
 相変わらず被写体への目の付け所、アングルや光やシャッターのタイミングなど作品から学ぶことが多すぎるのも、佐藤秀明さんの特徴なのだが、古希を越えて、まだそのエネルギーをたくさん持っている姿に今回一番影響を受けたかもしれない。

 コンデジ動画で収録した当日の様子。ノイズがうるさいがご容赦を。
https://www.youtube.com/watch?v=smQHWD1vAyg&feature=youtu.be

この動画の中で佐藤さんが話をしていた、現在のルート50に沿った当時の街道を早馬で郵便物を運ぶポニー・エクスプレスというシステムのブランド・シガー・ステッカー・シールを1986年にマウイ島のフリーマーケットで手に入れていた。要はたばこの木箱に貼るエッチングされたカラフルなステッカーだ。
こんなステッカーが32年後に役に立つとは思ってもいなかった。

 その作品のすばらしさは写真集で感じ取っていただきたい、人それぞれ好きな作品は違うと思うし、それが当然だろう。


最初は一見イラスト画かとも思ってしまう写真集の表紙。

左が30年前の酒場、右が今年の姿、ここには撮影物語がいくつも存在するとのこと。

リコー・イメージング・スクエアは2部屋で展開されている。

開始から一点一点丁寧に撮影時の解説が始まった。


来場者の皆さんより頭一つ背が高いその体格が撮影活動に有利であることは間違いない。

実に丁寧な説明が続く。

なかなか笑顔を見せない佐藤さんも遠くからの永年のファンには思わず笑顔が・・・。

ギャラリートークは熱っぽい進行で、いつまでも続いたようだ。

2018年11月18日日曜日

団塊世代は北部長野で紅葉を楽しんだ! Baby-boomer generation enjoyed colorful autumn in northern Nagano sight.

 今年の紅葉は夏が暑すぎたエリアや、台風の影響で塩害を受けたエリアでは葉が赤や黄色にならず、茶色に縮れてしまい無残な姿に成っているようだ。
10月後半本州上空を飛んだ際の山岳部は紅葉の初期だった。

 天気予報で人工衛星から見た赤い日本列島が報道されたので、急激に気温が下がった日に思い立って、飯山から北へ入り野尻湖周辺の紅葉とこの季節の野鳥を楽しんで来た。思い立ったらすぐに行く!これが残された時間の少ない団塊世代の判断の速さだろうか?

 今年も山間地ではクマが随分出たそうだ。いわゆる里山の消失により、奥山と里とがダイレクトに接してしまう状況が全国各地で起こっているのがその原因だ。田も畑も休耕田となり、人が入らなくなったためクマが山から下りてきて、今まで人間が収穫していた柿や栗を食べるようになったのだ。長野北部でもまさにその現状を見て来た。

峠はほぼ完ぺきに紅葉している。

やはり標高の高い場所は赤や黄色が鮮やか。


日が当たると黄色が眩しい。

陽が陰って里山まで降りてくると休耕田が目立つ。

秋の収穫の跡が見えない休耕中の棚田。

クマ出没の看板があちこちに見受けられた。

柿の実もクマの餌に成らないよう完熟前に収穫する態勢のようだった。
撮影した野鳥は後日アップしたい。

2018年11月17日土曜日

野川流域でアカゲラの飛翔シーン特集! Great spotted woodpecker's flying scene special !

 地元野川流域で野鳥観察をしていて一番接する機会の多いのがカルガモとカワセミ。次がキセキレイ、ハクセキレイ。水回り以外では意外にアオゲラ、アカゲラが多いのは同じ野川流域でも背景に国分寺ハケ線の崖に沿っているからだろう。

 武蔵野公園、野川公園、大沢の国立三鷹天文台付近まで野川は左岸に沿ってハケ線の崖、河岸段丘を背負っている。この斜面にある森林帯に意外な野鳥たちが営巣している。

 オオタカ、ツミ、アカゲラ、アオゲラ、コゲラ、カケスなどがその代表的な種で、野川の水辺とはまた違った世界を形成している。従って野川流域を探鳥徘徊する場合、足元から上空まで首の運動を繰り返すことになるので、団塊世代のアウトドア志向の爺にとっては健康上最高の環境と言える。

 一旦、国際基督教大学に西側で敷地が接している我が家を出ると、2~3時間は歩き続けるので1万3千~1万7千歩ほど歩くのは普通だ。

 今日は野鳥ファンにも人気の高いアカゲラの飛翔シーンを特集してみた。奥日光や八ヶ岳山麓、霧ヶ峰の八島湿原では見通しが良いので飛翔中のアカゲラを撮影するのはさほど難しくないのだが、樹木が密度高く生えている野川流域の森林部ではなかなか綺麗に追えないのはご容赦願いたい。



夕陽の鋭い光の中、手前へ飛んで来たので少々慌てた。

重たいカメラに長い望遠レンズを付けるより、70~300mmを半分ほどでノーファインダーで素早く後を追えれば、入っている可能性が高いと思う。

2018年11月16日金曜日

八島湿原の秋はベニマシコ! I encountered Long-tailed Rosefinch at Yashima wet-highland of Kirigamine.

 10月末で霧ヶ峰八島高層湿原のヒュッテ御射山は冬期休業に入ってしまったが、高層湿原で見られる野鳥は夏鳥や渡りの途中に立ち寄る旅鳥から冬鳥に入れ替わって結構にぎわっている。
 北海道にいた夏とは異なって赤の鮮やかさは失せているが、ベニマシコが草の実を食べていた。未だ着いたばかりなのだろうか?盛んに頬張っていてまるで警戒心がないように見受けられた。

 一日を通して霧ヶ峰界隈は冬季の猛禽類天国に成りつつあるのだろうが、今回はほんの1時間の滞在だったのでチョウゲンボウのみ。来週末に再度訪れてみようと思う。
 
お馴染みヒュッテ御射山だが11月~来年4月の間、冬期休業中。

最初に目線を感じ足が止まったが、ベニマシコである事が判り嬉しかった。





夕陽を背に受けて撮影出来たのだが、あまり良い色は出なかった。

時折、ヒヨドリが群れで湿原上空を飛びぬけていた。