2019年11月20日水曜日

冬に向けてヤマガラの食糧たくわえ術のすべて。 All of the Varied tit Food Keeping for Winter season.

 ヤマガラは野鳥に興味を持ち出し方が初めて見て喜ぶ柄のはっきりとした野鳥だ。それまでスズメやカラス、せいぜいメジロといった単色に近い野鳥の中で、茶色と白と黒という三毛猫のようなカラフルさが目を引くのだろう。特に正面からの画像は漫画チックだ。

 数年前、北九州市の小倉の足立山山麓でヤマガラの松の実蓄えシーンをアップしたが、今回は都心の公園でのヤマガラの生態。

 白い木の実かと思いきや、どうやら何か甲虫の幼虫・芋虫の様なのを咥えて、樹の樹皮に入れ込んでいる様子が撮れていた。もちろん松の実だとか他の種子も盛んに運んでは色々なところに入れ込んでいたが、全部覚えているのだろうか?もしそうなら余程筆者などより頭は良いと思う。

 その昔人に慣れて、縁日のおみくじ引きなどをやっていた祖先同様に、シジュウカラなどに比べると人をあまり恐れない個体が多い。明治神宮内苑になど行けば足元を抜けたり、顔のすぐそばまで来て餌をねだる様な素振りをする。
 
甲虫の幼虫のようなものを口に咥えたヤマガラ。



樹の枝を落としたような部分へ埋め込んでいるようだ。

顔を上げたら幼虫は口に無かったので埋め込み成功か?

これはまた別の個体。

こちらは樹の樹皮の隙間を探して・・・。

見事に差し込んでいる。


2019年11月19日火曜日

明治神宮で樹の葉の裏側でメジロを観察する。 I observed the Japanese white-eye behind the leaves at Meiji Jingu.

 先日、令和天皇陛下のご即位・代替わりの諸行事の一つ大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀が終わったばかりの11月15日(七五三)久しぶりに明治神宮内苑へ野鳥観察に赴いた。

 百年に数度しかない天皇陛下の代替わり行事で、いつも以上に厳かな明治神宮は相変わらず海外からの来訪者で参道の土埃もたくさん上がっていたようだ。

 明治神宮の内苑は池があって、カワセミや時々オシドリが来る野鳥観察には最適な場所。昨年はミソサザイが居た。時折上空をオオタカが舞うので、大砲レンズを持って集まる高齢者も多い。ただ談笑に夢中で上空をオオタカが舞っていても気が付かないことも多く、野鳥好きのサロンと成ることが常態化しているとも聞いた。

 そんな中、令和天皇陛下のご即位・代替わりの諸行事の余韻の中で、上空をヘリコプターがやたら飛び回わる中、平気で飛び交う野鳥を観察撮影できた。ルリビタキやオオタカには出遭えなかったが、季節を感じさせる、アオジ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ヤマガラなどに遭遇。いくつか撮影できたのでご紹介。

 まずは古式ゆかしい明治神宮での行事の一端を!
青山の表参道からつながる原宿門を入った所、相変わらず海外からの参内者が多い。

もう観光客大喜びの古式ゆかしい行事の一部。

樹の葉の裏に入り込まれるとメジロも撮り難い。

ユズリハらしき黒い実を狙っているようだ。

盛んに啄もうとするが実が大きすぎるのだろうか?

例年より遅れている紅葉の中でのメジロ。見頃はあと10日ほどか?
 

2019年11月18日月曜日

川幅の狭い川辺川の水面を飛ぶヤマセミ。 The Crested kingfisher that flies surface of the narrow the Kawabe-river.

 先日、川辺川で竹藪の手前を飛翔するヤマセミ画像を見て、「他にも川辺川の画像があるでしょう?是非見たいです!」というメールを頂いたので、予定を早めて鏡面のような川辺川を行くヤマセミ画像をご紹介。

 とにかく川辺川は透明度がすごい、冬季にはさらにすごい。13年連続で水質日本一はもちろん素晴らしいのだが、実は水質と透明度は正確には異なる。四国の四万十川なども清流で有名ではあるが、2019年度の水質日本一には選出されていない。四国では仁淀川が選ばれている。

 特に11月を過ぎると、水位が減って川底が丸見えになるため、撮影すると余計透明度を感ずることが多い。
ダイブしたところから始めてみようと思う。水の綺麗さがより強調される。

水面へ出てからのシーンをいくつかご紹介したい。




体を左右に煽るように倒しながら飛ぶヤマセミのメス。

2019年11月17日日曜日

団塊世代の世相分析・愚痴コラム、VOL.6  Baby boom generation's social analysis, grumble column, VOL.6.

 団塊世代はあえて言う、セブン-イレブンは全店24時間営業の見直し程度の業態改革だけではなく、看板通り朝7時開店夜11時閉店に戻すべきだろう! The baby boomer dares to say, Seven Eleven should be open at 7 am in the morning according to the signboard and closes at 11 pm!

 24時間営業のセブン-イレブンが実はとんでもないブラック企業だと言われて久しい。事実,全国各地フランチャイズのオーナーは悲鳴を上げている。出店契約上の制約・店員不足、制限・裏ルール・強引な無断発注などに追い立てられ、人間的な生活を出来ていないという。経営・運営が苦しく自殺者も出たという噂があるほどで、ほとんどの場合昔は酒屋さんだ。

 いずれにせよコンビニ店内でビールやワイン、酒・焼酎まで売れるのは、元が酒屋さんだったからだろう。建物建築うんぬんより酒類販売免許の方が取るのは大変だ。だから酒屋は昔から代々引き継がれてきた老舗が多い。もちろん地元の人々との結びつきも強固だ。酒が取り持つご縁を決して侮れないのはいずこも同じ。

 筆者が横浜の大学時代、サッカー部員伝統的バイト先久保町商店街の酒屋さん「徳島屋」で4年間バイトしたので、そのあたりは良く判っている。その酒屋さんも今やセブン-イレブンになってしまい跡形もない。実は今日の話は24時間営業のコンビニが問題だという事で、セブン-イレブンだけの話ではないのだ。
昔バイトした酒屋さんがセブン-イレブンに!

https://this.kiji.is/502712021915042913

 例えに使っているこのセブン-イレブンがセブン&アイ ホールディングスの1社になった3年後、2008年北海道洞爺湖サミットが行われ、札幌ドームで「2008北海道洞爺湖サミット記念環境総合展」において地球環境問題に関して出展各社のCSRアピールが行われた事が在った。サミット関連でメディアが注目するということで、各企業はこぞって社会貢献CSR活動を地球環境保全問題にシフトした事はどなたも覚えておられよう?
当時の7&iホールディング各社で出していた二酸化炭素量比率グラフ。当時のパンフ。

札幌ドームでの環境総合展7&iホールディングス ブース。

関係者と記念撮影、筆者センター赤いジャケット。

 このセブン-イレブンの属するセブン&アイ ホールディングスもご多分に漏れず、セブン -イレブンの店頭に並ぶ自社製各商品は全て製造過程や運搬過程で、どれだけの二酸化炭素を排出しているかを正確に商品に表示し、必死になって「企業としての正直さ加減」をアピールしたものだ。

 一方で、毎年11月に東京ビックサイトで行われるエコプロダクツ展という、各社CSRを目いっぱい自己主張する環境イベントがあるが、たまたま2008年開催のエコプロダクツ展に出展するセブン&アイ ホールディングスのブースを競合プレゼンの結果、担当することになった。筆者の勤務する広告代理店は、既に田町から華やかな赤坂サカスに移っていたので、業務打合せで四谷のクライアント本社まで毎日往復歩いて通った。

クローズド形式の企業PRブースとして非常に印象的な展開が行われた。

 出展内容はコンビニが24時間営業する理由を、ジオラマでまる一日を15分に仕立ててて説明するもので大人気となり、連日長い列がブースを取り囲んだ。

 自社のおにぎりにまで二酸化炭素をどれだけ輩出しているか表示して、他社との差別化を誇ろうとしたほどだ。そんなもの誰も見ないってのに・・・。これらは「全コンビニでこんなこと始めたら、余計な二酸化炭素量を吐露し増やす事になり、COP3(1997年)の京都議定書を日本が守りにくくする」とメディアも取り上げず一企業の自己満足の域を越えていなかった。

 こうしたキレイ事をアピールする一方で、売れ残りの弁当や期限切れの食品の大量廃棄に関しては、しらばっくれてマスコミの眼から隠そうとした。要はお客に便利だと思わせる一方で、その体制・体面を保つためにどれだけ地球環境に悪い事をし続けて来たかを隠し続けたのだ。メディアもこの矛盾を突いたことはなかった。

 商品がコンビニ店頭の棚に並ぶまでに、こんなに地球環境に良い事をしています・・と言う裏で、どれだけ地球環境に悪い(廃棄・処理段階で膨大な二酸化炭素を放出する)ごみを捨て、無駄を作り出しているか?
 その地球環境に良い事と悪い事を相殺してご覧よ。圧倒的に出している無駄・ゴミの方が地球環境に対して有害だろう?

 実は、ヨーロッパの各国も、自国で出る大量のごみを植民地やかっての植民地・属国に運搬し廃棄している事実が明みに出ているので、欧米中心のIPCCにしろCOP3以降の環境会議にしろ、事実はいい加減なもののようだ。二酸化炭素排出権など必ず裏側には金儲けの仕組みがうごめいている。アフリカ諸国などに行けばプラスティックごみ、家電ごみの山の場所がいくらでもある。

 こういった、偽善的な大きい企業姿勢・国家姿勢の裏で、コンビニレベルにおいて冒頭に出てきたような、フランチャイズ店の経営者・従事者に対して、相当きつい縛り付けや規制を課していた問題がメディアにより明るみに出始めた訳だ。

 これら大量廃棄弁当など「無駄が生む環境破壊」の原因はただ一つ、本来朝7時開店~夜11時閉店が謳い文句の「セブン-イレブン」を後先考えず利益・売上のために24時間営業にしたことで発生する大いなる無駄が、すべての原因!
 「お客様の便利の為」が実際は「企業としての利益向上」の為だったわけだ。

 今やインターネットの普及で世界のニュースと株は24時間稼働し、銭儲けは止まることなく地球上各国で動いている。したがってそれに従事するビジネスマンや投資家が24時間稼働しているのだから、そのお客さんたちの為に24時間体制でコンビニエンス・サービスをするのが、セブン-イレブンの役割だ・・くらいの感じで表向き始めたのかもしれない。

 しかし、夜中の2時3時におにぎりや夜食が欲しい? 文房具が不足した? 徹夜で会社に泊まるので下着がいるだの、髭剃り洗面用具がいる?
 こんなもの、先を見て準備しあらかじめ用意しておけば済む話だろう?いつでもコンビニが在るから、24時間いつでもそこで買えば済むから・・・と先を読まない、だらしない人間が日本中に生まれ・はびこる事に成ったのだ。

 百歩譲って、そんな真夜中12時過ぎ朝5時まで開いているべき店は各盛り場や、東京の場合各区内にそれぞれ数店舗開いていれば済む話だ。

 どうしても何かコンビニで売っている物が必要なら、少し離れていてもタクシー飛ばして買いに行けば良いだけの話。例えば真夜中に珈琲が欲しければ、コーヒーメーカーでも置いて対処すればいいだろうと思う。お湯を沸かしてカリタで入れればいいのでは?

 何も歩いて数分のところに、煌々と明るくするために無駄な電気を使って、各社のすべてのコンビニが稼働している必要は無かろう?

 要は、売上向上・利益向上のための出店計画=マーケティング戦略に関しては十分考えたのだろうが、どれだけ稼働率があり、それを維持するためのリスク・マネージメント、などのマーケティング行動を全然行なっていない!という一言に尽きる。

 何でもかんでも便利が当たり前、と言う世界で育った人間はサバイバルを体験したことが無いのだろう。選択能力ばかり発達し、自分で物を造り出したり、発想したり、工夫したり、のクリエイト出来る人間が減る。同時にどんどん人間が弱くなっていく。

 そうして、そういう「24時間営業のコンビニなしでは生きて行けない」などとホザクわがままな消費者たちの為に、セブン-イレブンで働く人々の自由を奪い、彼らにストレスを溜め続けているのだろう。こうやって、このブログではとりあえずセブン-イレブンを例にしてみたが、これは決してセブン-イレブンだけの事ではなく、すべてのコンビニ、24時間営業のお店に共通の話だ。

 筆者は言いたい!コンビニとスマホがどんどん人間をダメにしている、バカを増やしている、人間を退化させている。

 停電で、水道が止まり、スマホに充電が出来なくなり、ガレージのシャッターが上がらなくなり車が出せず、トイレが流れなくなり、エレベーターが止まり、コンビニも配達が止まって在庫切れだらけで機能しなくなる。電気の無い生活が直死に結びつくことを知った今年の日本人。今年の10大ニュースや流行語大賞で浮かれているようでは、まだまだ本当の怖さを理解できていないのではないだろうか?

 キャッシュレスに慣れてしまい、ネット・バンキングのセキュリティやシステムトラブルで、いつの間にか自分の財産が無くなった事にさえ気が付かない時代はもうすぐ目の前だろう?リアルの大切さ、リアルマネー、リアルフレンド、「現実」の大切さをこのコンビニの24時間営業問題がが教えてくれているような気がするのだが、如何だろう?

2019年11月16日土曜日

団塊世代はヘビメタバンド「KISS」が妙に好きだった。 The KISS is one of the most favorite hard rock band of Baby-boomer.

 あのオドロオドロした衣装とステージパフォーマンスで絶大な人気を誇ったヘビメタ・ハードロックバンドのKISS(キッス)が2年後解散・引退するという。
画面ではジーン・シモンズさんと出ているが、このメンバーはポール・スタンレー。

 60年代初期にはポールアンカ、ニールセダカ、リッキーネルソン、コニーフランシスで育ち、1963年頃からはビートルズやリバプールサウンド中心の英国ロックが身の回りに存在した団塊世代は、他の世代より遥かに音楽的に豊かに育っている事は間違いない。

 それが理由かどうかわからないが、その団塊世代ならびに兄姉にその世代がいる近い世代のミュージシャンが作った曲は、ほとんどその時代の洋楽のフレーズがどこかに隠れている。パクリとまでは言えなくても聴けば、あーこれはあの曲に似ているな?など、一瞬にして判るから不思議だ。

 似ているといえば、余談だが新天皇陛下御即位のパレード前夜、皇居前広場で行われた祝賀記念イベント「国民祭典」で流れた奉祝曲Ray of Waterのどこかの旋律が、ホルストの組曲「惑星」のジュピターに似ている感じがしたのだが、これはあくまで筆者の思い込みだろう。

 話を戻して・・・。
 
 The Beatlesに並行してベンチャーズやビーチボーイズなどアメリカのバンドでも盛り上がった団塊世代は、1970年代に入りイーグルスやキャロルキングで沸き立つ中、何故かこのKISSの曲に魅了された覚えも有ろう?
 世良公則&ツイストの「あんたのバラード」なども個人的にはこのキッスの影響を強く受けて出来たものと思っている・・・って、このブログでロックの変遷史を語るつもりはないが、近いうちコレクションの数千枚に及ぶLPレコードをベースに団塊世代の洋楽狂い外伝でも始めてみようかと思っている。

 キッスに話を戻そう。

 キッスの中でも、ステージの左端でベースギターを弾きながら、高いヒールのロンドンブーツを履いて長い舌を時々出し、時には火を噴くオドロオドロしたジーン・シモンズが非常に印象深かった。よくもまぁ、ここまで徹底してやるもんだ!・・・と。
画像はいずれもテレビ朝日のTVワイドショーから

KISSの中でも一番のお気に入り 「Hard luck woman」非常にまともなロックだ。
https://www.youtube.com/watch?v=GUFuJQATLZA 

 イスラエル生まれのジーン・シモンズは俳優としても4~5本の映画に出ている。そうして何と1948年8月生まれの団塊世代なのだ。親近感がわくわけだ。同じ学年だもの!
今でいうアニメの世界がリアルになったようなものだが、アニメ以上の人気になった。

TVインタビューで引退解散の件を訊かれ、こう言っていた。「吾輩ももう70歳だ、75歳でステージに立てるとはとても思わない」それを聴いて、ポール・マッカートニーだってリンゴ・スターだってまだやっているじゃん?頑張れよ!あれだけ化粧しているんだから歳とったのなんて判んない数少ないロッカーだろう?…と思うのだが如何だろう?

 1990年頃、広告代理店時代クライアントが音楽イベントキャンペーンを行った。チープ・トリック、ロマンティックス、などと一緒にこのキッスを呼んだ。会場は日本武道館だった。担当営業と一緒にネクタイを締めて場違いの恰好ながらすべてのコンサートを聴いた。

 で、このキッスの公演が終わって武道館から出たら、寒い最中外には次の催しを待っているのだろう大勢の群衆が立って待っていた。日本武道館も繁盛しているんだ!オリンピック施設が事後活用で困っている中、素晴らしいじゃないか!と思ったら違った。
 全員、キッスのコンサートに来場した未成年の子供たちの親・PTAだったのだ。これには驚いた。いかに自分たちが場違いの人種だったのかと思い知らされた。

2019年11月15日金曜日

11月半ばの三鷹・野川の自然レポート。 This is the Nature observed reports from The Nogawa-river of Tokyo MItaka.

 寒冷前線が通過して晴れ渡った東京三鷹の野川流域から自然レポート。今秋最大の北方低気圧がもたらした暴風雪で、北海道や東北日本海側は大変なようだが、いよいよ本格的な冬の到来ということだろう。

 いつもの年より紅葉が2週間以上遅れているとかで、全国の紅葉の名所は観光客の訪れが例年以下とかで苦境らしい。外国からの観光客であふれる京都は日本の観光客が敬遠したため、ここしばらくは閑古鳥が鳴くかも知れない。陽気な海外からの観光客たちの傍若無人な振る舞いに、慌てて写真撮影禁止だの罰金だの「泥縄式」対策で非難を浴び始めている京都の観光関係者たち。今まで甘い対応で、先を読んだ準備をしなかった結果だろう。

 もう昔の京都の良さは、しばらく味わえまい。筆者などはもう生きているうちには訪れないかもしれない。行けばどうしても昔の良かった時代と比較してしまう。今のほうが良いなどという所は何処にも無いだろう?残念だ。南禅寺や永観堂などは紅葉の葉の数より人間のほうが多いのではないだろうか?

 冗談はさておいて、地元武蔵野・三鷹を流れる野川沿いの自然をレポートしてみたい。二個の台風と低気圧の大雨の影響で、ハケの崖から湧き出る水量が例年になく多いので普段水量の少ない野川も、簡単に渡れないほど水量が多い。ここしばらくは川遊びする小学生など溺れてもおかしくない水深になっている。

 その野川でクイナ系のバンとクイナを確認。いずれも夕方恒例のランニングの途中コンデジで撮影したもので、画像は甘いが自然情報だと思ってご容赦願いたい。いつものカワセミも追い写せていた。これからの冬をここで越冬するのだろう。
 
クイナは倒れた葦原の上をゆっくり歩きまわって採餌していた。


葦の室に潜り込んでも、時々「クワッ!」と短く鳴く。


周囲を警戒しながら葦の根元沿いに動いていた。


野川の主、カワセミもいつも通り元気に飛び回っている。

朴の同類の葉だろうか?黄色が深い。

これは西洋蔦か?面白い紅葉の仕方だ。

これはおまけ、今朝犬の散歩で妙に凛々しいエナガを発見!

2019年11月13日水曜日

川幅の狭い川辺川河畔の竹藪を飛ぶヤマセミ。 A kingfisher that flies bamboo bushes along the riverside of the narrow the Kawabe-river.

 昨日アップした月齢15の満月は今朝月齢16で西の空で輝いていた。
今朝日の出前の愛犬散歩でコンデジ撮影。

 我々団塊世代が共に生きてきた著名な加山雄三さんと美輪明宏さんが共に脳梗塞で入院中だという。共に団塊世代の一回り上の世代だが、共に生きてきたような錯覚さえ思わせる存在感の大きな人達だ、早く全快して欲しい。

 しばらく離れていたヤマセミの生態画像に戻り、いくつかメールを頂いた。いずれも以前ヤマセミの写真集のどれかを手にされた方々で、新しい画像を楽しみにしているということだった。こういう励ましはありがたく、次への意欲に即繋がる。

 川辺川という川は、「川辺川ダム」の件でマスコミをもう20年以上も賑わせている有名な河川だ。ともすると球磨川の支流でありながら、相良村合流部から水上村に至る球磨川本流より水量が多かったりもする1級河川だ。同時に13年連続で水質日本一のレベルを誇るスーパー清流と言って良い貴重な河川だ。球磨川本流も同様に水質日本一をここ数年続けている。清流を好むヤマセミにとってこれ以上の生息環境は無いといって良い。

 筆者のヤマセミ生態観察がその河川で行えているのは素晴らしいことだと思う。その川辺川は相良村からもう狭い峡谷部が存在する。峡谷部というのは崖に覆われており、そう簡単には人が足を踏み入れ難いことを意味している。今日の画像はそうした入りにくい峡谷部のヤマセミの飛翔シーン。

 よくある水面ぎりぎりを飛ぶのとは異なって、3次元の上下左右へ揺らぎながら飛ぶ様が見て取れる。米軍スナイパーのギリースーツを着用して撮影した数少ないカットだ。
 






筆者の目の前高度6mほどを楽しむように2往復したのち上流の森林地帯へ去っていった。