2019年2月17日日曜日

団塊世代は世の中の「販売攻勢」に疑問を呈する! The baby-boom generation is casting doubt on "sales attack" of all industries in the world!

 堺屋太一さんが今月8日に亡くなって早くも一週間が過ぎた。その彼が、今の世の中の技術革新やあらゆるジャンルからこの世に送り出されてくる数多い新製品に、「いったい今の人間たちはついて行けているだろうか?」と、どこかで述べていたのを思い出した。

 全く同感で、具体的な事例を調べているさなかにご本人が亡くなってしまったのは、非常に残念だった。筆者も以前から世の中のいろいろな不要案件、こんな物なくても良いなと思う新技術や新製品に疑問を呈して来たが、今回はその辺をまとめてみたいと思う。
 特に70歳を超えて、「要らない、出来れば生きている間には、このまま関わらずに充分生きていられる」と思う案件が山のように出てきたので、この際まとめておこうと思った次第。

 先々週、このブログで書いた通り、AIだの電気自動車・燃料電池車だの、自動運転自動車などが、間違いなく今から20年の間に実用化・全面的普及はしないのは判っている。オープンリール・テープレコーダーがカセットプレーヤー(ウオークマンの類)に、あるいはレコードがCDになるようなスピードで急に変わってしまう様な事態にはならないだろう。
 さらには、ShuffleやiPodのようなデジタル・オーディオプレーヤーに移行した時の様な劇的な急変は起こらないと言えよう。理由は、それ単体だけ購入すれば済む話ではないからだ。

 ハイレゾ・オーディオにしたって、最近のハイレゾ対応の収録を行い、ハイレゾ処理できるオーディオシステムがあってこそのモノだろう?いくら周波数特性が高い領域まであっても、70歳で普通に聴ける音域の上限は1万ヘルツが良い所だ。これを2万だ3万ヘルツだという高周波数まで音を出しても反応するのは横に座っている愛犬だけだろう?

 おまけに団塊世代が楽しんだ頃の音楽などハイレゾでなど録音している訳がないから、その頃の楽曲を最高の音質で楽しもうったってまったく意味ない話なのだ。人が良いと勧めるからと口車に乗って高いお金を払って凄いはずのオーディオ装置を準備しても無駄に終わるって寸法だ。その昔、オーディオ装置に散々入れあげた挙句、結局三菱ダイアトーンの16㎝フルレンジ・シングルコーンのスピーカー(P610MB)に落ち着いた有名な五味康佑(小説家・オーディオ評論家)の話と同じになろう。
名機・三菱ダイアトーンP610MB

最近ガラケー携帯電話に加えスマホの出現で、すべてをスマホに集約する生活形態が増えて人間の行動・生態が異常なまでに変化した。もはやスマホはある意味人体の器官の一部と言って良いだろう。したがってその人体の一部に損傷が生じたり電池切れが生じると同時に人間としての機能も止まってしまうようになった訳だ。

 これを予測して自己対策を取っている者が如何に少ないかは、最近増えたトラブルを見れば一目瞭然だし、統計を見るまでもなく友人関係のトラブルや事故を見れば、決して他人ごとではなく、自分の身にもいつ起こってもおかしくないと感ずるに違いない。

 筆者の友人のケースをいくつか挙げてみよう。まず2010年の段階での話、スマホをトイレに落とし、オシャカにしてしまい、バックアップを取っていなかった為、3か月間元の状態に戻れなかった御仁。
 次に2016年におサイフケータイとかいう流行りに乗って全てをスマホに入れたは良いが、飲んで酔っ払ってどこかへ無くし人生が終わった奴。この時は悪い人間に少ないながら貯金をすべて引き落とされてしまいスマホ自体も戻ってこなかったという。
 要はスマホは小さな端末パソコンだと思って、重要な中身はすべてバックアップを取っておくべきだろう。
 スマホや携帯電話に頼り切るあまり、重要な連絡先相手の電話番号をどこにもバックアップしていない人が多い。すわ自分のスマホを無くした瞬間、誰にも連絡できなくなった事に気が付き真っ青になる人のなんと多い事か。

 NTTドコモも他の携帯電話会社も、このあたりの「スマホ・紛失想定対応マニュアル」をもっと真剣に利用者に対しアピール啓蒙すべきではないのか?

 スマホの話は、持っている人が紛失により自滅するだけではなく、その使用方法で今や街中にトラブルの芽を拡散させている。歩きスマホはその典型で、そもそもスマホを歩きながら見たり操作する馬鹿共のお陰で、ターミナル駅の人の流れが異様に遅くなったのはご存じだろうか?
 一番人が流れる所で立ち止まって操作する、その人の流れに乗らずスマホを見ながらスローテンポで進むので後ろから追突されることが日常茶飯事。正面衝突すら有り得る。見ながら駅のホームから転落し列車に轢かれるなどは自業自得で勝手だが、それにより列車が遅延し迷惑は大勢に関わってくる。

 この歩きスマホが如何に皆に嫌われているか面白いアンケート調査があった。

 結局これらはアップルのiPhoneを筆頭に各メーカーがスマホの新製品・新バージョンを次々に出し、仲間より常に新しくて高い製品を持つことで優越感を味わいたい若者達の競争心を煽っているのだろう?それが判っていても止められない日本人の弱い性格につけ込んでて金儲けをしている企業のあくどいマーケティング戦略は止めようがない。

 全く日本人はこの手に弱い。例えば万博、新しい大型ファッションビル、「お前行った?俺はもう行ったぞ!ザマーミロ。」これの繰り返しだ。六本木ヒルズはどうなった?原宿表参道ヒルズはどうなった?東京ミッドタウンはどうなった?渋谷ヒカリエはどうなった?新しく建っても数年で閑古鳥が鳴くような東京都心ではないか。
鳴り物入りでデビューした六本木ヒルズ・森タワー。

 この手法で売り上げを伸ばし、妙に日本に定着してしまったのが古くにはバレンタインデー、ホワイトデー、年賀状の習慣。要は皆国民は自分達が金儲けの為に標的にされ踊らされているのに気が付かない。今まさにそうなろうとしているのがハロウィーンという異教徒の子供の祭りでは?

バレンタインデーの本当の歴史(ご参考)    http://greenbio.jp/blog/resttime/valentinesday/

 これを家電の業界に持っていけば、ハイレゾだの4K8Kテレビという事に成ろうか?視力が落ちて、昔に比べれば相当くっきり見えるはずのハイビジョン放送ですらテロップの文字がにじむ高齢者(筆者も含めて)にはたして4kだの8kテレビが必要か?視力の衰えは2kが4kや8kになっても改善されないって知っているのだろうか?


今や50インチじゃないと・・とか平気で売り込む家電店員達の非常識!

 昔ブラウン管時代に19インチテレビでも自慢していた御仁が、42インチだの50インチだののテレビを狭い部屋で観て「はっきり見えるようになった」と喜んでいるが、それってかって在った眼科の眼の検査で「リサツクケテヘコイリニコ」という文字を1mの近い距離から見ているのと同じって事判っているんだろうか?騙され、ているんだろう?家電業界の宣伝と電気屋の販売員に・・・。
 それもNHKの自然の世界のドキュメンタリー番組ではなく、文化の香りが少しも感じられないお笑い系の芸人のバカ騒ぎばかりだろう?観ているのは。これって可笑しくネ?

 これ以外にも団塊の世代中心に70歳を超えた人間たちにとって要らない、なくても良い、関わらなくても十分楽しく生きていけるという「モノ」がこの世には溢れかえっている。最低限の出費で、最低限不自由なく健康で長生きするためには今何が必要で何が不要なのかよく考えてみようと思う。

2019年2月16日土曜日

東京上野の不忍池、野鳥情報。 Winter reports of wild bird from The Pond of Shinobazu at Ueno Park in Tokyo.

 毎年四季折々、定点観察を行っている東京上野の不忍池から、今の野鳥たちのレポートをご紹介。
 今日2月15日の東京は晴れ時々曇りの予報が少しずれて、昼前から上野の森にも小雪がちらついた。

 そんな中、鰻の御店「伊豆栄」の上野公園内のお店「梅川店」でランチミーティングを開催したFacebook繋がりの美術・デザイン系のメンバー4名。約3時間のミーティング後、解散した後、コンデジで野鳥を散策。葦の刈り取りを行っている不忍池などでバードウォッチング。

 カモ系からカモメ、その他附近の野鳥などランダムにご報告。


鰻重を食べた伊豆栄の店内から窓越しにコンデジでメジロの水飲みを撮影。最大7羽が入り乱れて水を飲みに来ていた。

公園内を不忍池へ降りて行く途中でシロハラが採餌中。

現在不忍池は葦原の刈り取り中。意外に水位が低くて驚かされた。

オナガガモやほかのカモ系も土手に上がって作業を見守り中。

見物人が餌を蒔くとワッと集まる水鳥達。キンクロハジロにオナガガモ、オオバンにバン。

バンのつがいと思われる二羽は他の水鳥達とは少し異なった動き。

ご存じユリカモメ

ウミネコ

野鳥保護にちょうど良いアピールPOPになっていた。

それを威嚇するユリカモメの若鳥、ウミネコは完全に無視!

此処のユリカモメはパンか何かを投げてくれるのを期待して、人間のすぐ傍を飛ぶことが多い。野鳥の飛翔撮影の初心者用練習台だろうか?

柵の向こうから餌を狙うユリカモメ。

滑空がとにかく上手!

2019年2月15日金曜日

カモメのダイブ採餌はヤマセミのそれに似ている! Seagull's dive hunting is looks like same as Crested kingfisher,too. 

 その昔、一種のとんちが流行り「カモメのジョナサンの他のカモメの名を知ってる?」「決まってんだろ?カモメのミナサンだよ」というのが流行ったが、今はこの手はどうなっているのだろう?

 今日のブログは、これも雪の日に霞ケ浦周辺の水路で偶然遭遇したカモメのダイブ採餌で大物を捕えた画像。

 カモメのダイブ採餌はつい3か月前、八代市の金剛干拓でズグロカモメのダイブを静止画・動画で収録できたが、獲物が蟹など干潟の泥の中の生物らしく、魚を咥えている画像は見当たらなかった。

 NHKの自然番組などでは沖合で上空からのダイブで魚を獲る映像をよく見かけるが、カモメの採餌などはYoutubeなどで見ても、人間がパンくずを投げてそれを空中で受け取るカモメくらいしか出てこない。

 実は意外にカモメの上空からのダイブ採餌というのは目撃例が少ないのかもしれない。もっとも実際には頻繁に行われてはいるのだろうとは思う。大体霞ケ浦の寒風吹く中カモメにパンくずを投げる者など居る訳もないし・・・。

 今回は昨日のミサゴの急降下採餌とほぼ同じ場所で「ドボン!」という水しぶきを目撃したので慌ててレンズを向けた結果なので、急降下の様子は撮れていないが、上がってきた姿を見てミサゴではなかったので驚いてそのままシャッターを押したもの。

 これが、初めて見たカモメの大物採餌の瞬間だった。これからは「何だカモメのジョナサンか・・。」と軽んずることなく採餌の瞬間を再度狙いたいと思っている。
視界に白い物体が上空から落ちて来たのに反応して、レンズを向けてシャッターを押した画像がこれ。もう少し上空を見ておけばよかった。

AF任せだが、此処でピンが少し合った。

単なるダイブ位にしか思わなかったのだが・・・。

この辺りで、大物を咥えたカモメである事を認識できた。



獲物の魚はまだ暴れまくっている。ヤマセミのように叩いて殺さないので、暴れる魚を落とす事があるのではないだろうか?

暴れる魚で、飛翔も何処かドタバタしている。


結局上下動の激しい飛び方でも何とか飛んで行った。


2019年2月14日木曜日

ミサゴの低角度からの採餌に遭遇! I encountered Osprey's low angle dive hunting at Kanto area.

 オオジュリンとコジュリンに出遭った同じ日、霞ケ浦にほど近い河川河口部で幾度も飛来するミサゴのダイブ採餌に遭遇。

 冬の川では低温の為か魚の活性が悪いらしく、ミサゴだけではなく、カモメ、カワウ、カンムリカイツブリの類も盛んに魚を採餌していた。

 熊本の人吉でも八代でもミサゴは沢山見る事が出来るが、この日の霞ケ浦には4~5羽のミサゴが上空から盛んにダイブしてくれた。

 真上からの急降下でドボーンと行くのは誰もが目撃するダイブだが、今回収録したのは、急降下から水平飛行に移り、ほぼ真横からの浅い角度でのダイブだ。
ホバリングから急降下に入った瞬間のミサゴ。


主翼をつぼめて・・・。

一つの塊になって落下していく。

此処までは、物凄いスピードで落下してくるが・・。

ブレーキを掛けるように水平飛行に移り捕獲ダイブに入る。

真上から深い水中に飛び込む時と同じで頭より前に足の爪が出ている。

深い川なので目一杯飛び込んでいる。


しっかりと頭を捕まえて空気抵抗を考えている。



頭をもの凄い勢いでグルグル回し水切り中!犬と同じだ。この直後続いて必ず全身をブルブルさせ水を切るのがミサゴの習性だ。


こうして獲物を抱えて川上に進んで消えた。

2019年2月13日水曜日

雪の朝、霞ケ浦付近でオオジュリンとコジュリンに遭遇!  I encountered Reed bunting and Ochre-rumped bunting at near Lake Kausmigaura on a snow morning.

 オオジュリンという野鳥には、渡良瀬遊水地や霞ケ浦の浮島で幾度も遭遇、撮影している。熊本の江津湖でも人吉郊外の球磨川の川原でも幾度も遭遇しているが、コジュリンとなると今まで一度も遭遇できていなかった。

 利根川の川原で有名な場所がある様だが、行った事は無かった。それが4日前、三連休の中日の日曜日に雪の直後、道路凍結の極寒早朝、暗いうちに武蔵野を出て霞ケ浦近辺へ行ってみた。

 猛禽類、特にチュウヒ、ハイイロチュウヒ、コミミズク等を期待して行ったが、お目当ての草原にはノスリとチョウゲンボウが居るばかりだった。

 しばらく待っていると、道路から草地に40m程入ったエリアに何やらうごめくモノあり!どうせカワラヒワかヒバリかアオジ・ホオジロの類だろうと思い念のため確かめたら今まで観た事が無い野鳥だった。顔の下半分だけが黒い個体が多かった。

 胸を観たら、カシラダカやオオジュリン、ホオジロなどとは明らかに違う少し黄色とピンクを合わせたような色だし、背中の縦縞が非常にくっきりとしている上、頭の上まで幾本かの筋が見て取れた。
 「アッ、なんか違うぞ?」と思ってレンズを構えたらカラスが数羽来て10羽ほどの群れが飛散してしまった。

 しばらくするといつの間にか草原の奥から、先ほどの野鳥が少しづつこちらに数羽の群れで来るではないか。まるで缶蹴りのメンバーが鬼が後ろを向いて十数えている間に向かって少しづつ間を詰める様な感じだった。
 観た事が無い野鳥なので、戻ってネットで調べたら「コジュリン」だった。今日のブログはまず初見のコジュリンの方からご紹介。例によって野鳥図鑑のような綺麗な絵では無いが、「いましたよ!」という証拠画像。


一種独特の面構えだった。







この日は名前も判らなかったし、あまり真剣に撮影出来ていないので、3月上旬に再度チャレンジしてみたいと思っている。